慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA12043414-20200000-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA12043414-20200000-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.2 MB
Last updated :Oct 25, 2021
Downloads : 536

Total downloads since Oct 25, 2021 : 536
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 習熟度と性別がビデオL2聴解力テストにおける視覚の効果に与える影響  
カナ シュウジュクド ト セイベツ ガ ビデオ L2 チョウカイリョク テスト ニ オケル シカク ノ コウカ ニ アタエル エイキョウ  
ローマ字 Shūjukudo to seibetsu ga bideo L2 chōkairyoku tesuto ni okeru shikaku no kōka ni ataeru eikyō  
別タイトル
名前 The impact of proficiency and gender on the effect of visuals in video L2 listening comprehension tests  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Batty, Aaron Olaf  
カナ バティ, アーロン  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学看護医療学部准教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学外国語教育研究センター  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ガイコクゴ キョウイク ケンキュウ センター  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku gaikokugo kyōiku kenkyū sentā  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾外国語教育研究  
翻訳 Journal of foreign language education  
17  
 
2020  
 
開始ページ 1  
終了ページ 18  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The present research investigated the impacts of L2 proficiency and gender on the facilitative effect of the presence of visuals in video-mediated L2 listening comprehension tests. An 18-item, multiple-choice English listening test was constructed and administered in two forms: ODD and EVEN. The ODD form presented the listening passages of the odd items with video, and the even items with audio only. The EVEN form reversed this pattern. Participants were 279 university students of English in Japan. The participants were randomly assigned to the test forms. The facilitative effect of the presence of visuals was investigated using bias analyses via many-facets Rasch modeling. TOEFL ITP scores were used to investigate the interaction between English proficiency and format (video or audio-only). Large differences of the size of the effect of the presence of visual cues based on individual differences would be indicative of differential item functioning (DIF), which would be a threat to the validity of video-mediated L2 listening tests. Although the video versions of the test items were easier than the audio versions in most cases, this facilitative effect of the presence of visuals did not significantly differ by proficiency level or gender.
 
目次

 
キーワード
聴解力テスト  

非言語コミュニケーション  

多相ラッシュモデル  

個人差  

言語試験  
NDC
 
注記
研究論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 25, 2021 09:22:28  
作成日
Oct 25, 2021 09:22:28  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 25, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 外国語教育研究センター / 慶應義塾外国語教育研究 / 17 (2020)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (734) 1st
2位 出生率及び教育投... (554)
3位 『うつほ物語』俊... (437)
4位 新自由主義に抗す... (412)
5位 731部隊と細菌戦 ... (319)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2452) 1st
2位 家族主義と個人主... (1809)
3位 731部隊と細菌戦 ... (736)
4位 新参ファンと古参... (438)
5位 猫オルガンとはな... (383)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース