慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA10818580-00000004-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA10818580-00000004-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :6.8 MB
Last updated :Apr 27, 2007
Downloads : 1639

Total downloads since Apr 27, 2007 : 1639
 
タイトル
タイトル Structural change in Japanese-American interdependence : a total factor productivity analysis in an international input-output framework  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Hamaguchi, Noboru  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 Keio Economic Observatory (Sangyo Kenkyujo), Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 1985  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
v, 115 p.  
上位タイトル
名前 Keio Economic Observatory occasional paper. E  
翻訳  
 
4  
1985  
6  
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The main purpose of this study is to analyze thechange in total factor productivity (TFP) in the Japaneseand American economies during the period 1963-70. TFP is anindex representing the productivity of all the inputs(capital, labor, and intermediate inputs) in a productionprocess. Partial productivity, on the other hand, measuresthe productivity of a single input, such as labor. Thegrowth rate of TFP is defined as the difference between thegrowth rate of real output and the weighted average of thegrowth rates of real inputs. In other words, a TFP changeshows how inputs are saved in a production process.The organization of the study will be as follows:Chapter II will investigate the theoretical foundations ofthe TFP measurement. Chapter III will examine how thefoundations can be applied to empirical studies. Chapter IVwill present empirical results and discuss their economicimplications. Conclusions will be presented in Chapter V.Statistical Appendix A describes industries investigated inChapter IV. Explanations of data sources and dataprocessing procedures will be described in StatisticalAppendix B.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
"A Ph.D . Dissertation, Department of Economics, University of Michigan, March 1985"
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Technical Report  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 29, 2020 16:51:44  
作成日
Apr 27, 2007 10:18:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 産業研究所 / KEO occasional paper (英文) / E1-E23
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 宋元刊両唐書およ... (1133) 1st
2位 戦争と友愛のはざ... (425)
3位 ジャニーズのアイ... (348)
4位 731部隊による細... (258)
5位 新自由主義に抗す... (232)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 宋元刊両唐書およ... (2494) 1st
2位 アセトアニリドの... (1258)
3位 ジャニーズのアイ... (675)
4位 Instagram解析に... (477)
5位 新参ファンと古参... (435)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース