慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA10715861-00000159-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA10715861-00000159-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.1 MB
Last updated :Apr 12, 2021
Downloads : 163

Total downloads since Apr 12, 2021 : 163
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 新型コロナウイルス感染症流行初期の雇用者の就業・生活・ウェルビーイング : パンデミック前後のリアルタイムパネルデータを用いた検証  
カナ シンガタ コロナウイルス カンセンショウ リュウコウ ショキ ノ コヨウシャ ノ シュウギョウ・セイカツ・ウェルビーイング : パンデミック ゼンゴ ノ リアルタイム パネル データ オ モチイタ ケンショウ  
ローマ字 Shingata koronauirusu kansenshō ryūkō shoki no koyōsha no shūgyō seikatsu werubīingu : pandemikku zengo no riarutaimu paneru dēta o mochiita kenshō  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山本, 勲  
カナ ヤマモト, イサム  
ローマ字 Yamamoto, Isamu  
所属 慶應義塾大学  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 石井, 加代子  
カナ イシイ, カヨコ  
ローマ字 Ishii, Kayoko  
所属 慶應義塾大学  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 樋口, 美雄  
カナ ヒグチ, ヨシオ  
ローマ字 Higuchi, Yoshio  
所属 慶應義塾大学  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Keio Economic Observatory Sangyo Kenkyujo  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
48 p.  
上位タイトル
名前 KEO discussion paper  
翻訳  
 
159  
2020  
2  
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿では,新型コロナウイルス感染症が雇用者の就業・生活・ウェルビーイングに与えた影響について,2020年5月に実施した「新型コロナウイルス感染症が社会に与えた影響に関するJHPS特別調査」をもとに,属性間の差に着目しながら検証した。検証の結果,まず,新型コロナウイルス感染症の流行初期の就業面への影響としては,従来から景気後退に対する脆弱性が高いと指摘されてきた属性,具体的には,高齢層,女性,大卒未満の学歴,非正規雇用者,中小企業での雇用者といったグループ,さらには,飲食・宿泊といった対面を要するサービス業従事者で負の影響が大きかったことが明らかになった。こうした属性の雇用者は失職・休職・減収のリスクにさらされる一方で,在宅勤務の実施が進まず,労働時間の減少も限定的であった。次に,生活面への影響としては,2月から4月にかけて家事・育児・学習・睡眠時間がいずれも増加していたほか,男女間の違いに着目すると,家庭内の家事分担の変化は限定的であったが,育児時間は男性の負担が一部でより増加していた傾向もみられた。さらに,休職や労働時間の減少を経験した雇用者では,自己研さんへの時間が顕著だったこともわかった。一方,ウェルビーイングについては,2月から5月下旬  〜6月上旬にかけてメンタルヘルスの悪化や幸福感やワークエンゲイジメントの低下,転職希望の増加がみられ,特に ,就業面 で負の影響を強く受けていた雇用者で顕著であった。さらに,どの属性によってアウトカムの格差が大きく生じていたかをBlinder-Oaxaca分解および回帰分析で検証した結果,就業に関係するアウトカムは,男女間の格差よりも,雇用形態(正規雇用・非正規雇用)間や企業規模間による格差の影響が顕著である一方で ,メンタルヘルスについては男女間格差によるところが大きいことがわかった。
 
目次

 
キーワード
新型コロナウイルス感染症  

ウェルビーイング  

格差  

パネルデータ  
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Technical Report  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 12, 2021 15:22:25  
作成日
Apr 12, 2021 15:21:35  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 12, 2021    インデックス を変更
Apr 12, 2021    著者 外部リンク,著者 名前,著者 カナ,版 版,出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ を変更
 
インデックス
/ Public / 産業研究所 / KEO discussion paper / 101-149, 152, 155-156, 158-162, 164-168, 170, 173
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (510) 1st
2位 実践的推論の合理... (437)
3位 新自由主義に抗す... (425)
4位 統治の思想と実務... (325)
5位 攻撃衝動の体系的... (314)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1557) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (742)
4位 アセトアニリドの... (507)
5位 楽天とアマゾンの... (397)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース