慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA10715861-00000059-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA10715861-00000059-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :3.9 MB
Last updated :Apr 27, 2007
Downloads : 1470

Total downloads since Apr 27, 2007 : 1470
 
タイトル
タイトル わが国商品先物市場における海外相場との裁定関係の検証  
カナ ワガクニ ショウヒン サキモノ シジョウ ニオケル カイガイ ソウバ トノ サイテイ カンケイ ノ ケンショウ  
ローマ字 Wagakuni shohin sakimono shijo niokeru kaigai soba tono saitei kankei no kensho  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 熊谷, 善彰  
カナ クマガイ, ヨシアキ  
ローマ字 Kumagai, Yoshiaki  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 新井, 啓  
カナ アライ, ケイ  
ローマ字 Arai, Kei  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 岩田, 暁一  
カナ イワタ, ギョウイチ  
ローマ字 Iwata, Gyoichi  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 新井, 益洋  
カナ アライ, マスヨウ  
ローマ字 Arai, Masuyo  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 Keio Economic Observatory  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2000  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
17, [2] p.  
上位タイトル
名前 KEO discussion paper  
翻訳  
 
59  
2000  
12  
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
日本の商品先物市場で成立する価格が、海外の商品先物価格と実際にどの程度関係しているのかを分析することがこの稿の目的である。大豆、トウモロコシ、コーヒー、粗糖、ゴム、ガソリン、灯油など、わが国の商品先物市場の上場商品の大多数は、輸入商品またはその加工品である。その場合、輸入商品の先物相場は当該商品の輸出国における先物相場および為替レートと密接な関係があることは当然としても、よく言われるように日本の相場は(円換算した)海外の写真相場なのだろうか。あるいは、日本市場の参加者達は将来の現物価格に対する各自の予想と為替リスクの下で独自の先物価格を形成しているだろうか。複数の市場の価格間に密接な関係をもたらすものは裁定取引である。一つの商品が2うの市場で取引されている場合、価格間に差異があれば裁定取引によって二つの市場の価格は同一となるであろう。しかしそれには、各市場の商品の質、取引単位、受け渡し条件、通貨などの同一性が前提となる。さらに2つの市場が遠隔地にある場合には市場間の単位当り輸送コストの範囲で価格が異なるかも知れない。Low, Muthuswamy and Webb(1999)は、砂糖と大豆の先物価格についてMIFE(Manila Internationa1Futures Exchange)と東京穀物商品取引所(TGE, Tokyo Grain Exchange)との間の裁定関係を分析した。MIFEとTGEはどちらも板寄せ法による値付けを採用しており、かつ殆ど同じ時間帯に取引が行われている。彼らは、MI:FEの先物価格をTGEの先物価格と為替レートで説明する回帰式を測定し、両取引所の裁定関係を示唆する有意な回帰係数推定値がえられなかったことから、MIFEとTGEの間には裁定関係はなかったと結論している。 MIFEの取引は薄く市場流動性小さいことから、TGEとの裁定取引があまり行われなかったと考えられる。しかし、市場流動性の高いTGEとシカゴの取引所間では裁定取引が行われているかも知れない。そこでこの稿では、TGEの商品について海外の取引所と裁定が働いているかどうかを検証してみる。我々は分析対象商品として、第3節に述べる規準に従って、トウモロコシ(コーン)を選んだ。以下、第2節では:Low et al.(1999)の測定結果を紹介し、第3節ではトウモロコシ先物における日米間の裁定関係を検証する。第4節では運送費用(C&:Fプレミアム)を考慮した場合を分析し、第5節で結論を述べる。
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Technical Report  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jan 24, 2022 00:05:15  
作成日
Apr 27, 2007 11:04:42  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 産業研究所 / KEO discussion paper / 2-100
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース