慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA00260492-20080000-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA00260492-20080000-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.2 MB
Last updated :Dec 16, 2009
Downloads : 1305

Total downloads since Dec 16, 2009 : 1305
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル An Empirical Analysis of Japanese Banking Behavior in a Period of Financial Instability  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Revankar, Nagesh  
カナ  
ローマ字  
所属 Department of Economics, State University of New York at Buffalo, Buffalo, U.S.A  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 吉野, 直行  
カナ ヨシノ, ナオユキ  
ローマ字 Yoshino, Naoyuki  
所属 Department of Economics, Keio University, Tokyo, Japan  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Keio Economic Society, Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2008  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio economic studies  
翻訳  
45  
 
2008  
 
開始ページ 1  
終了ページ 15  
ISSN
00229709  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In this paper, we undertake to analyze the bank behavior in Japan during the period of financial instability between 1982 and 1995. We focus attention on empirically uncovering some factors which may have potentially initiated and sustained instability in the level 0floans extended by the Japanese banking industry. The development in this paper revolves around the following items. First, (a) we document evidence against profit-maximization and in favor of the fact that the Japanese banks in fact tended to supply loans beyond profit-maximization levels, thus accentuating the excess loan problem. Second, (b) the Japanese banks have recognized―certainly during the instability period, existence of interdependence (externalities) among themselves
with reference to loan supply decisions. We explore how the Cournot-type conjectural variation we consider, which engenders interdependence, has induced banks to indulge in aggressive loan expansion. Third, (c) we examine the bearing of the calllending rate on the financial instability.Fourth, (d) following the lead of several previous works, we investigate whether the capital requirement of the Basle Accord helped curtailloan levels. Finally, (e) we look at the impact of the land price on loan, both from the demand side and the supply side; study of the demand side is made possible by our use of an
aggregate loan demand function, absent in most previous works.
 
目次

 
キーワード
Japanese banking behavior  

Share maximization  

Interdependence among banks  
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2009 09:00:00  
作成日
Dec 16, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / Keio economic studies / 45 (2008)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (462) 1st
2位 新自由主義に抗す... (412)
3位 実践的推論の合理... (365)
4位 ドイツのSNS対策... (338)
5位 攻撃衝動の体系的... (334)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1419) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (646)
4位 ドイツのSNS対策... (598)
5位 アセトアニリドの... (470)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース