慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA00260492-19890002-0025  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA00260492-19890002-0025.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.2 MB
Last updated :Dec 27, 2009
Downloads : 4569

Total downloads since Dec 27, 2009 : 4569
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル KALECKI AND KEYNES REVISITED  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 FEIWEL, George R.  
カナ  
ローマ字  
所属 The University of Tennessee  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Keio Economic Society, Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 1989  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio economic studies  
翻訳  
26  
2  
1989  
 
開始ページ 25  
終了ページ 52  
ISSN
00229709  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The paper discusses the intrinsic analytical differences and essential similarities of Kalecki and Keynes' analytical construct. It attempts to shed light on the fact that biographies matter in Keynes and Kalecki scientific contributions. Kalecki and Keynes are increasingly recognized as having permanent places in the pantheon of economic theory and political economy though interpretation and evaluation of their relative contributions is a controversial question. It is my contention that the basic issue is not one of priority of Kalecki's publication or the extent to which he anticipated Keynes' monumental General Theory but that in many respect Kalecki's conception and analytical construct and policy implications he derived there from are superior to that of Keynes. It is just as appropriate and useful to take Kalecki's construct as a criterion to judge Keynes' contributions as it is to Keynes' General Theory as a yardstick for measuring Kalecki's contributions. The paper concludes that Kalecki and Keynes Weltanschauung and theoretical differences undoubtedly colored their respective policy interpretations and prescriptions.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 18, 2009 09:00:00  
作成日
Dec 18, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / Keio economic studies / 26(2) 1989
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース