慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA00260481-20220000-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA00260481-20220000-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.3 MB
Last updated :Jul 3, 2023
Downloads : 66

Total downloads since Jul 3, 2023 : 66
 
本文公開日
2023-07-01  
タイトル
タイトル A research agenda for institutional economics as a moral science : the Cambridge School in the twenty-first century  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 谷口, 和弘  
カナ タニグチ, カズヒロ  
ローマ字 Taniguchi, Kazuhiro  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳) Professor, Faculty of Business and Commerce, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 Fruin, W. Mark  
カナ  
ローマ字  
所属 Research professor, School of Management, San Jose State University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Society of Business and Commerce, Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio business review  
翻訳  
 
56(2022)  
 
 
開始ページ 1(1)  
終了ページ 23(23)  
ISSN
04534557  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The paper sets an agenda for `institutional economics as a moral science' (IEMS) by understanding the micro-macro links humans and institutions mutually construct, relying on the writings and thinking of the Cambridge School. We argue that economics should be reconsidered as a study of man with particular emphasis on human nature and the dynamics of institutions. We urge scholars of mainstream economics, who have minimised non-ergodicity and uncertainty and exaggerated utilitarianism, to have cooler heads and warmer hearts. This implies that we need to strike a right balance between economics and ethics by bringing the man as she/he is back into the positivist approach of mainstream economics and by enriching the ethical approach of economics as a moral science. We hope for a revival of the Cambridge School as a moral foundation for economics in the twenty-first century.
 
目次

 
キーワード
IEMS  

Human nature  

Institutions  

Non-ergodicity  

Uncertainty  
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 03, 2023 09:24:31  
作成日
Jul 20, 2022 15:38:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 20, 2022    インデックス を変更
Jul 3, 2023    プレビュー,著者 著者ID,著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録,キーワード を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / Keio business review / 56 (2022)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1291) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (462)
3位 新自由主義に抗す... (404)
4位 In-vivo kinemati... (315)
5位 石垣島の「エコツ... (280)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (958) 1st
2位 酢酸エステル類の... (599)
3位 文化資本概念の現... (533)
4位 興味が引き起こさ... (511)
5位 インフルエンサー... (479)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース