慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000005-20210007  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000005-20210007.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.2 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 29

Total downloads since Feb 16, 2024 : 29
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル マイクロゲルビーズを用いたMHz帯超音波によるオンデマンド薬剤徐放システム  
カナ マイクロ ゲル ビーズ オ モチイタ MHzタイ チョウオンパ ニ ヨル オンデマンド ヤクザイ ジョホウ システム  
ローマ字 Maikuro geru bīzu o mochiita MHztai chōonpa ni yoru ondemando yakuzai johō shisutemu  
別タイトル
名前 On-demand drug release system using MHz ultrasound with hydrogel microbeads  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 尾上, 弘晃  
カナ オノエ, ヒロアキ  
ローマ字 Onoe, Hiroaki  
所属 慶應義塾大学理工学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2023  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本年度の実験では,内耳に遺伝子導入することを最終目標として下記の2つの実験を実行した.
(1) 超音波照射によるAAVの徐放
AAVをハイドロゲルマイクロビーズ内に含有し,超音波を照射して徐放したのちに細胞に遺伝子導入ができるかどうかを96ウェルプレートを用いたin vitro試験により観察した.その結果,超音波によりAAVが徐放され,細胞に遺伝子導入できることを確認した.一方で,AAVの徐放を促すタングステン粒子の有無による遺伝子導入率に優位な差はなかった.これはナノ粒子と比較してAAVはハイドロゲルから徐放しやすいことが要因として考えられた.このため,AAVの漏れを防ぐために,ハイドロゲルマイクロビーズ自体のゲル化をより強固にすること,さらに本実験で使用したホモジナイザーよりも低出力のランジュバン型振動子を設計・製作し,これを用いた低出力超音波によるAAV照射実験をこれから実施する.

(2) パラボラ型振動子の製作
内視鏡による視野を確保しながら正円窓近傍でMHz帯の超音波を照射するため,小型で超音波の照射出力を高めることができる圧電素子にアルミ製のパラボラ板を取り付けたパラボラ型振動子を設計し,製作した.製作した超音波振動子は直径2.5 mmで,焦点距離2 mmのパラボラ板を0.5 mmの厚さの圧電素子に圧着して製作した.さらに,感電を防ぐために電極をエポキシ樹脂でシーリングすることで電極を被覆した.なお,製作したパラボラ型振動子は視野確保できる大きさを考えて,最大直径を3 mm以下とするように製作した.
In this year's experiments, the following two experiments were performed with the ultimate goal of gene transfer to the inner ear.

(1) Sustained release of AAV by ultrasonic irradiation
We contained AAV in hydrogel microbeads, irradiated them with ultrasound and released them slowly, and then observed whether gene transfer to cells could be achieved by in vitro testing using 96-well plates. As a result, it was confirmed that AAV was released slowly by ultrasound and that gene transfer to cells was possible. On the other hand, there was no significant difference in the gene transfer rate between the presence and absence of tungsten particles that promote the sustained release of AAV. This may be due to the fact that AAV is more easily released from the hydrogel than nanoparticles. In order to prevent leakage of AAV, we will make the gelation of the hydrogel microbeads themselves stronger, and design and fabricate a Langevin-type transducer with lower power than the homogenizer used in this experiment, and conduct AAV irradiation experiments using this transducer with low-power ultrasound.

(2) Fabrication of parabolic transducers
In order to irradiate MHz-band ultrasonic waves near the regular window while maintaining the endoscopic field of view, a parabolic transducer was designed and fabricated by attaching an aluminum parabolic plate to a piezoelectric element, which is compact and can increase the ultrasonic irradiation output. The ultrasonic transducer is 2.5 mm in diameter with a focal length of 2 mm. The parabolic plate is piezoelectrically bonded to a 0.5 mm thick piezoelectric element. In addition, the electrodes were covered with epoxy resin sealing to prevent electric shock. The parabolic transducer was fabricated so that its maximum diameter was less than 3 mm, considering the size of the field of view.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:57  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:57  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース