慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210192  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210192.pdf
Type :application/pdf Download
Size :109.9 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 23

Total downloads since Feb 16, 2024 : 23
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 精密ファブリケーションと高速シミュレーションが切り開く幾何学材料の力学  
カナ セイミツ ファブリケーション ト コウソク シミュレーション ガ キリヒラク キカガク ザイリョウ ノ リキガク  
ローマ字 Seimitsu faburikēshon to kōsoku shimyurēshon ga kirihiraku kikagaku zairyō no rikigaku  
別タイトル
名前 Mechanics of disordered slender structures : fabrication and computation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐野, 友彦  
カナ サノ, トモヒコ  
ローマ字 Sano, Tomohiko  
所属 慶應義塾大学理工学部専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では新たな緩衝材のモデルとして薄い弾性体とはまり込みの挙動を利用したエネルギー吸収材料を提案した。円筒形に曲がったシェルを精度良くかつ効率よく設計するための実験手法を開発した。PET-G 製板の熱可塑性を利用して円筒形シェルの曲率半径を設定した。レーザーカッターによりリボン状に切り出した真っ直ぐな板を円形の鋳型にはめこみ、内側にゴムをはめ入れることで均一な半径をもつ円状に曲げた。さらに鋳型ごと熱湯に入れ冷却することで、一様な自発曲率をもつ円筒形シェルを作成した。本手法を用いて異なる長さをもつ数百個の円筒形シェルを作成し、シェル集合体の力学特性を明らかにした。圧縮試験に伴うエネルギー吸収効率はシェルの長さに大きく依存しないことがわかった。しかし圧縮に際する制動距離はシェルの長さに応じて大きく変化することがわかった。集合体の力学的機能のロバストさについて、今後は実験サンプル数を増やし、シミュレーションと組み合わせて理解を深めていく計画である。
We studied the experimental framework for energy absorbing materials, on the basis of randomly stacked shells. First, we developed systematic protocols to fabricate cylindrical open shells, utilizing thermo-plasticity of PETG ribbons. Using this protocol, we casted a few hundreds of shells efficiently and studied their mechanical performance. The energy absorption rate of the shells are insensitive to the length of the shells, while the working distances could be tuned to the shell geometry. The robustness of the mechanical performance of stacked cylindrical shells will be further studied experimentally by increasing the number of samples. In addition, we plan to collaborate with computer-graphics scientists to predict the experimental results.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:35  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:35  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1573) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (665)
3位 Bidet toilet use... (497)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (371)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (970) 1st
2位 インフルエンサー... (461)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 Potent mouse mon... (415)
5位 酢酸エステル類の... (398)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース