慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210174  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210174.pdf
Type :application/pdf Download
Size :132.0 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 31

Total downloads since Feb 16, 2024 : 31
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル COVID-19による働き方の変化と健康およびウェルビーイングに関する縦断的検討  
カナ COVID-19 ニ ヨル ハタラキカタ ノ ヘンカ ト ケンコウ オヨビ ウェルビーイング ニ カンスル ジュウダンテキ ケントウ  
ローマ字 COVID-19 ni yoru hatarakikata no henka to kenkō oyobi werubīingu ni kansuru jūdanteki kentō  
別タイトル
名前 Changes in working styles and health and wellbeing due to the COVID-19 pandemic  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 島津, 明人  
カナ シマズ, アキヒト  
ローマ字 Shimazu, Akihito  
所属 慶應義塾大学総合政策学部教授 (有期)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2023  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
【研究の目的】
本研究では,COVID-19 のパンデミックによる働き方の変化と,労働者の健康およびウェルビーイングとの関連を,縦断調査により明らかにすることを目的とした。

【研究方法】
インターネット調査会社(楽天インサイト)の登録モニタのうち20-59歳の正規従業員を対象に,約3ヶ月間隔で7回のオンライン調査を実施した(T1:2020年6月8~9日,T2:同年9月9~18日,T3:12月8~17日,T4:2021年3月8~20日,T5:同年6月7~20日,T6:同年9月6~19日,T7:同年12月7~20日)。それぞれの調査において,1600名(T1),1425名(T2),1385名(T3),1345名(T4),1252名(T5),1283名(T6),1189名(T7)から回答が得られた。

【得られた成果】
主に以下の成果を得ることができた。
(1)仕事の量的負担は2020年12月に一時的に上昇したのに対し,上司や同僚からのサポート,ワーク・エンゲイジメントは2020年6月からの約1年半にかけて低下していた。
(2)仕事における退屈は仕事の低負担,ワーカホリズムは仕事の高負担を各々規定要因とし,心身の不健康および離職意思につながっていた。
(3)リカバリー経験のうちリラックスは,顎関節症の低リスクと有意に関連していた。
(4)「職場の上司・同僚との週1回以上の対面による交流」「友人・知人との月1-3回の対面および非対面による交流」は,対象者の孤独感の低さと有意に関連していた。
(5)ホワイトカラーでは,1日の座位比率が低いと精神的健康およびワーク・エンゲイジメントが良好であった。
[Aim]
The purpose of this study was to examine the relationship between changes in working styles due to the pandemic of COVID-19 and worker health and well-being through a longitudinal survey.

[Method]
Four-wave online surveys were conducted with approximately three months invervals (T1: June 8-9, 2020; T2: September 9-18, 2020; T3: December 8-17, 2020; T4: March 8-20, 2021 T5: June 7-20, 2021; T6: September 6-19, 2021; December 7-20, 2021) among regular employees aged 20-59 who were registered monitors of an online survey company (Rakuten Insight). Responses were obtained from 1600 (T1), 1425 (T2), 1385 (T3), 1345 (T4), 1252 (T5), 1283 (T6), and 1189 (T7) respondents for each survey.

[Achievements]
We obtained the following findings.
(1) Quantitative job demands temporarily increased in December 2020, whereas support from supervisors and coworkers and work engagement decreased from June 2020 to about 18 months later.
(2) Boredom at work and workaholism were related to low job and high job demands, respectively, and were related to physical and mental ill-health and intention to leave the job.
(3) Among recovery experiences, relaxation was significantly related to a lower risk of TMJ disorder.
(4) "Face-to-face interaction at least once a week with work supervisors/colleagues" and "Face-to-face and non-face-to-face interaction with friends/acquaintances 1-3 times a month" were significantly related to with lower loneliness.
(5) In white-collar workers, lower daily sitting ratio was related to better mental health and work engagement.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:32  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1573) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (665)
3位 Bidet toilet use... (497)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (371)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (970) 1st
2位 インフルエンサー... (461)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 Potent mouse mon... (415)
5位 酢酸エステル類の... (398)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース