慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210136  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210136.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.4 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 49

Total downloads since Feb 16, 2024 : 49
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ウイルスに対する中和抗体産生を増強する食事因子の探索  
カナ ウイルス ニ タイスル チュウワ コウタイ サンセイ オ ゾウキョウスル ショクジ インシ ノ タンサク  
ローマ字 Uirusu ni taisuru chūwa kōtai sansei o zōkyōsuru shokuji inshi no tansaku  
別タイトル
名前 Dietary factor-mediated enhancement of neutralizing antibody production against enterovirus in the intestinal tract  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 大輔  
カナ タカハシ, ダイスケ  
ローマ字 Takahashi, Daisuke  
所属 慶應義塾大学薬学部専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
濾胞性ヘルパーT(Tfh)細胞は、B細胞の分化を促進し抗原に対する高親和性の抗体産生を誘導する。興味深い事象として、一部のSARS-CoV2患者では感染初期にTfh細胞の分化・増殖が起こらない。これは、ウイルスの中和防止に重要な免疫グロブリンA (IgA)やIgG抗体の産生が正常に誘導されず、自然感染では免疫を獲得し難い事を意味する。原因として、遺伝的要因及び何らかの環境的要因の寄与が考えられる。SARS-CoV2は、呼吸器だけでなく腸管も感染ルートに利用しており、腸管でのTfh細胞の分化とIgAの産生誘導を促進する事が、腸管経由のSARS-CoV2の再感染阻止に寄与する可能性がある。本研究では、腸管のTfh細胞の分化とIgAの産生を促進する食事由来の因子を同定することを目的として研究を実施した。腸管のTfh細胞の分化とIgAの産生誘導は、小腸パイエル板に代表される腸管関連リンパ組織で起こる。本研究実施前の予備検討より、動植物由来の粗原料で構成される飼料CE-2が、栄養素の組成が等価ながらも精製・合成された原料のみで構成される飼料AIN-93Gに比べて、マウスの小腸パイエル板のTfh細胞数とIgA産生を5倍程度増加させる事を見出していた。本研究による動植物由来の粗原料に含まれる成分の絞り込みの結果、大豆粉が責任因子である事を同定した。さらに、大豆粉の主要成分のうち、大豆タンパク質、大豆繊維、イソフラボン、小腸パイエル板のTfh細胞数と腸管腔中のIgA産生誘導をほとんど促進しなかった。しかし、ポリアミンやラフィノースがそれらの誘導を一定程度促進する事を見出した。しかし、大豆粉そのものの効果よりは大きく劣っていたことから、他にキーとなる因子があると考えられ、今後さらに同定を進めたい。大豆粉に含まれる責任因子を同定後に、腸管ウイルス感染モデルを用いて、その責任因子がウイルスに対するIgA中和抗体の産生を促進し、ウイルス感染の防御に寄与するかを検討したいと考えている。
Follicular helper T (Tfh) cells promote B cell differentiation and induce high-affinity antibody production. Interestingly, Tfh cell differentiation and proliferation are not provoked in the early stages of some SARS-CoV2 patients. In other words, the production of immunoglobulin A (IgA) and IgG antibodies that are important for preventing virus neutralization is not induced. Thus, it is difficult to obtain immunity from natural infection in some patients. SARS-CoV2 uses not only the respiratory tract but also the intestinal tract as an infection route. Therefore, the differentiation of Tfh cells and the induction of IgA production in the intestinal tract contributes to the prevention of SARS-CoV2 reinfection via the intestinal tract. The purpose of this study was to identify dietary factors that promote the differentiation of Tfh cells in the intestinal tract and the production of IgA. Differentiation of Tfh cells in the intestine and induction of IgA production occurs in gut-associated lymphoid tissues represented by Peyer's patches of the small intestine. From the preliminary experiment, we had found that the feeding of CE-2, which is composed of crude materials derived from animals and plants, increased the number of Tfh cells and IgA production in the Peyer's patch by 5-fold compared with the feeding of AIN-93G, which is composed only of purified and synthesized raw materials while having the same nutrient composition. As a result of narrowing down the components contained in the CE-2 diet, we identified that soybean powder is the responsible factor. Furthermore, among the main components of soybean powder, soybean protein, soybean fiber, and isoflavones did not affect the number of Tfh cells and IgA production in the Peyer's patch. However, polyamines and raffinose promote their induction to some extent but to a lesser extent than whole soybean powder.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:26  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:26  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース