慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2021000003-20210125  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2021000003-20210125.pdf
Type :application/pdf Download
Size :118.1 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 20

Total downloads since Feb 16, 2024 : 20
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル メダカ頭部形態の個体差を決めるゲノム領域の絞り込み解析  
カナ メダカ トウブ ケイタイ ノ コタイサ オ キメル ゲノム リョウイキ ノ シボリコミ カイセキ  
ローマ字 Medaka tōbu keitai no kotaisa o kimeru genomu ryōiki no shiborikomi kaiseki  
別タイトル
名前 Narrowing the quantitative trait loci susceptible for individual differences in medaka craniofacial morphology  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 新屋, みのり  
カナ シンヤ, ミノリ  
ローマ字 Shinya, Minori  
所属 慶應義塾大学商学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
我々ヒトを含め、脊椎動物の頭部形態には個体差が認められる。この個体差は遺伝要因に生育環境の影響が加わって生じるが、その形成メカニズムについては不明の点が多い。そこで私は小型魚類であるメダカを材料に、この個体差形成に関わる遺伝要因の同定を試みている。L33およびD23と名付けた2つの頭部形態形質は、メダカ近交系であるHd-rR系統とHNI系統の間で差異が認められる。1つの近交系は遺伝的に同一な個体の集団であるため、1つの近交系はある遺伝的状態を持つ個体の様子を表す、と捉えることができる。従って、異なる近交系間に認められる差異は個体差として見做すことができ、L33とD23は個体差のある形質だと言える。統計遺伝学的解析を行った結果、L33に対しては6番染色体、D23に対しては15番染色体に差異を生じさせる遺伝要因のあることが判明した。そこで本研究では、Hd-rRのゲノム一部のみをHNI由来に置換した系統(コンジェニック系統)を複数用い、染色体上のどの位置に当該遺伝要因が存在するのかを明らかにしようと試みた。
L33については13種類、D23については7種類のコンジェニック系統を準備しており、これまでに19系統に対して各系統60個体ずつの頭部の撮影を完了した。残る1系統(D23用)は飼育が難しいため個体の準備が遅れており、現時点で22個体の撮影を終えている。次に、得られた頭部画像を用い、各個体における形質の数値化を行った。その数値をHd-rR系統とコンジェニック系統の間で比較し、差異の有無と各コンジェニック系統が持つHNI由来のゲノム領域との相関を調査した。L33については7系統の上記解析を完了し、その結果、6番染色体(約32.2メガ塩基対)の末端付近にある約3.6メガ塩基対の領域に遺伝要因のあることが示唆された。一方D23については2系統の解析が完了しており、15番染色体(約30.4メガ塩基対)の中央部分9.8メガ塩基対の領域にあることを示唆する結果となった。今後、残りの系統の解析を進め、領域を更に絞り込んで個体差を担う遺伝子へと迫る予定である。
In the vertebrates including human, the craniofacial morphology exhibits individual differences, which are shaped by multiple genetic factors and environmental factors. However, the mechanism has not been clear. I am trying to identify the genetic factors affecting the individual differences in the craniofacial morphology, using a small bony fish, medaka. Two craniofacial traits called L33 and D23, have been reported to show differences between the two medaka inbred lines, Hd-rR and HNI. As an inbred line is a population of genetically identical individuals, L33 and D23 can be said to show the individual differences. Furthermore, the statistical genetic studies have revealed that the genetic factors for L33 and D23 were present in somewhere on the chromosome 6 and 15, respectively. The aim of this study was to narrow the quantitative trait loci for each traits by using the congenic lines which are replaced a part of Hd-rR genome with the HNI genome.
Firstly, the head region was taken photos for about 60 individuals per line. A total of 20 congenic lines (13 for L33 and 7 for D23) had been prepared for the analyses, and 19 of them have been completed to be taken photos of head region. The rest line (a congenic line for D23) was so hard to breed that only 22 individuals have been finished so far. As the next step, the traits were quantified in each fish using the photos of head region. Then, the phenotypic values were statistically compared between Hd-rR and each congenic lines, in order to look for the genomic region with association between the genomic origin and presence of the statistical differences. Seven congenic lines have been analyzed for L33, indicating that the genetic factor(s) may present within the genomic region of about 3.6 Mbp at the edge of the chromosome 6 (about 32.2 Mbp). For D23, the analysis using two congenic lines have suggested the genetic factor(s) somewhere on about 9.8 Mbp region in the middle of chromosome 15 (about 30.4 Mbp). Six congenic lines for L33 and 5 lines for D23 have not been analyzed yet. I will add those lines for further analyses, and narrow the quantitative trait loci enough to look at the candidate genes susceptible for the individual differences.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:10:25  
作成日
Feb 16, 2024 14:10:25  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース