慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000009-20200019  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000009-20200019.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.5 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 31

Total downloads since Feb 16, 2024 : 31
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 消費者の情報取得と選択行動に関する統合的研究  
カナ ショウヒシャ ノ ジョウホウ シュトク ト センタク コウドウ ニ カンスル トウゴウテキ ケンキュウ  
ローマ字 Shōhisha no jōhō shutoku to sentaku kōdō ni kansuru tōgōteki kenkyū  
別タイトル
名前 Integrative approach in consumer's information acquisition and choice behavior  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 里村, 卓也  
カナ サトムラ, タクヤ  
ローマ字 Satomura, Takuya  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では消費者の情報取得と選択行動についての統合的な知見を得るために、消費者行動論の立場から心理的プロセスを解明するアプローチと、ミクロ経済学の立場から消費者の最適化行動として解明するアプローチを用いた。
消費者行動論にもとづく研究では、1商品あたりの価格に加えてその商品の単位量あたりの価格を提示するユニット・プライシングと呼ばれる価格提示方法が消費の購買意思決定に及ぼす影響を明らかにした。この研究では、パッケージ商品において、商品のサイズが大きくなるほど単位あたりの価格が安くなるquantity discounts(QD)と、逆に商品のサイズが大きくなると単位あたりの価格が高くなるquantity surcharges(QS)という、2つの価格戦略の違いが消費者の価格態度とブランド態度に及ぼす影響について、消費者特性と心理的変数を媒介変数と調整変数としたモデルを構築し、実証分析により、そのメカニズムを明らかにした。
ミクロ経済学的消費者行動にもとづく研究では、デジタル・メディアのサブスクリプション・サービスのように消費者が同一カテゴリー内の商品を複数同時に選択する購買意思決定についての研究を行った。商品の特性として無料と有料のサービスが存在し、消費者はこのようなサービスの中から効用を最大化する商品の組み合わせを選択すると考え、このような消費者の最適化行動を表現する多変量ロジットモデルを構築した。効用関数には、各商品の消費から得られる効用に加えて商品間の相互作用として代替関係や補完関係を考慮することで、市場における競合関係を把握することもできるものである。また、多数の商品間の関係を表現するためにはパラメータ数が膨大になるため、疑似尤度を用いてパラメータの推定を行う方法を適用した。実証分析ではデジタル・メディアのサブスクリプション・サービスに関する調査データについて開発したモデルを適用した。
We conducted two studies to obtain integrated knowledge of consumers' information acquisition and choice behavior. In the first study, we understood the psychological process of consumer price judgment based on the consumer behavior theory. In the second study, we applied microeconomics-based multiple-choice behavior models to analyze the choice of digital services.
First, we shed light on the unit pricing strategy's effect on consumer purchase decisions. The unit pricing is the price representing method that displays the price per unit quantity and the product's price at the same time. This study compares the difference of psychological process in two pricing strategies for packaged goods; quantity discounts (QD), in which the price per unit becomes lower as the size of the product increases, and quantity surcharges (QS), in which the price per unit becomes higher as the size of the product increases. We constructed a model which includes consumer characteristics and psychological variables as mediators and moderators. We found how the differences between the two pricing strategies affect consumers' price and brand attitudes from the empirical studies.
Next, we developed microeconomic consumer models that express consumers' purchase decisions. In this study, we consider the multiple choice of products in the subscription services of digital media. We developed a multivariate logit model which represents the optimization behavior of consumer's multiple choices. Our model's utility function includes both the utility of each product and the utility of interaction effects. In our model, the relationship between the product represents the competitive structure of the product. We adopted a quasi-likelihood approach to estimate the huge number of interaction parameters of products. In the empirical analysis, we applied our model to survey data on digital media subscription services.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:06:44  
作成日
Feb 16, 2024 14:06:44  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース