慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200139  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200139.pdf
Type :application/pdf Download
Size :112.5 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 24

Total downloads since Feb 16, 2024 : 24
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 高齢化、サービス化と構造変化  
カナ コウレイカ、サービスカ ト コウゾウ ヘンカ  
ローマ字 Kōreika, sābisuka to kōzō henka  
別タイトル
名前 Aging and structural transformation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 藤原, 一平  
カナ フジワラ, イッペイ  
ローマ字 Fujiwara, Ippei  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
今年度は、二つの研究を行った。
まず、高齢化とサービス支出の変化については、(1)医療費は年齢が高いほど増加するが、(2)教育費は壮年期に高くその後減衰する、ため、これまでのところ、高齢化がサービス全体の支出シェアには、大きなトレンドをもたらさなかったことがわかった。しかし、医療費については、自己負担分のみの形状となっているため、国庫負担分も加味した医療費全体への影響を把握することが必要とわかったため、この点について鋭意分析を進めている。
構造変化については、近年、後発国では、製造業シェアが十分に大きくなることなしに(すなわち、製造業が成熟することなしに)、サービス化が進展している、とする"Premature deindustrialization"という現象が報告されている。
ノースウェスタン大学の松山公紀教授ととのプロジェクトとして、これを初期条件の違いだけで説明できる理論モデルを構築し、CEPR discussion paperとして公表した。
なお、上記の研究は、閉鎖経済モデルでメカニズムを解析的に示したものであるが、開放経済において、Industrializationと貿易の相互作用を考慮すると、閉鎖経済のケースとどのような違いが出てくるか、といった分析も、松山教授と進めている。構造変化、比較優位、Directed Technical Changeといった、これまで別々に考えられることの多かったメカニズムを統一的に捉え、実際の経済発展の理解が深まることを期待している。
This year, we conducted two projects.
First, on the relationship between aging and service expenditures, we find that (1) medical care expenditures increase with age, but (2) education expenditures are high in 40s and early 50s and decay thereafter. As a result, aging has not brought about a significant trend in the overall service expenditure share. However, since only the self-pay portion of medical expenses is shown, it is necessary to understand the impact of aging on overall medical expenses, including those paid through public medical insurance.
Regarding the structural change, the phenomenon called "premature deindustrialization" has been reported in recent years, which states that in developing countries, the shift to services is occurring without a sufficiently large share of the manufacturing sector (i.e., without the maturity of the manufacturing sector).
As a project with Professor Kiminori Matsuyama of Northwestern University, we developed a theoretical model that can explain this phenomenon only by differences in initial conditions, and published it as a CEPR discussion paper.
The above study analytically shows the mechanism in a closed economy model, but I am also working with Prof. Matsuyama to analyze the differences between the closed economy case and the open economy case when the interaction between industrialization and trade is taken into account. I am hoping that the mechanisms that have often been considered separately, such as structural change, comparative advantage, and directed technical change, will be taken into account in a unified manner, and that our understanding of actual economic development will be deepened.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 13:35:11  
作成日
Feb 16, 2024 13:35:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース