慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200128  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200128.pdf
Type :application/pdf Download
Size :117.2 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 28

Total downloads since Feb 16, 2024 : 28
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル デジタルトランスフォーメーション時代の知的財産法制と企業内法務に関する研究  
カナ デジタル トランスフォーメーション ジダイ ノ チテキ ザイサン ホウセイ ト キギョウナイ ホウム ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Dejitaru toransufōmēshon jidai no chiteki zaisan hōsei to kigyōnai hōmu ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Research on intellectual property law and in-house legal practice in the age of digital transformation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 奥邨, 弘司  
カナ オクムラ, コウジ  
ローマ字 Okumura, Koji  
所属 慶應義塾大学大学院法務研究科 (法科大学院) 教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
(1)デジタル化・インターネット化の急速な進歩によって、放送番組を従来通りの放送網で放送するだけでなく、インターネットを通じて同時配信・追っかけ配信・見逃し配信等することに対する社会的要請が強まっていた。しかしながら、同時配信等をスムーズに行う上では、著作権法上様々な課題が存在したため、それを解決するための立法的対処が求められ、文化審議会において検討が進められた。集中的に検討を行うために設置されたワーキンググループに参画し、そこでの議論に貢献した。議論を踏まえた法改正が現在進行中である。
(2)教育分野でのDXの推進と著作権法の関係について教育関係者に対する講演を行った。また、著作権法制のデジタル化・インターネット対応の現状と課題について、企業法務関係者に対して講演を行った。
(3)書籍のデジタル配信に関する著作権法上の問題について検討を行った。また、デジタルコンテンツの保護技術の実効性を確保するための著作権法の規定の歴史と現状と将来の課題について検討した。
(4)AIによって生じる著作権法上の問題(①機械学習の適法性、②AI創作物の著作物性、③AI創作による著作権侵害)について、司法修習生および裁判官に対する公演を行った。
(5)VR技術およびAR技術の進展がもたらす著作権法上の課題についての研究を開始した。
(1) With the rapid progress of digital technology and Internet technology, there is a growing social demand for simultaneous distribution of broadcast programs over the Internet. However, since there are various issues under the Copyright Act in conducting simultaneous distribution, legislative measures are required, and the Council for Cultural Affairs has been studying the issue. I participated in the working group set up for intensive study and contributed to the discussions there. A revision of the Copyright Act based on the results of the working group's study is now under discussion.
(2) I gave a lecture on the relationship between the promotion of DX and copyright in the field of education to those involved in education. I also gave to corporate legal personnel a lecture on the current status and issues of copyright law's response to digital technology and the Internet.
(3) I examined copyright law issues related to digital distribution of books. I also examined the history, current status and future issues of legal provisions to ensure the effectiveness of digital content protection technologies.
(4) I gave lectures to legal apprentices and judges on copyright law issues arising from AI (① legality of machine learning, ② copyrightability of AI creations, and ③ copyright infringement by AI creations).
(5) I started my research on copyright law issues brought about by the development of VR and AR technologies.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 13:35:09  
作成日
Feb 16, 2024 13:35:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1024) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (447)
3位 新自由主義に抗す... (352)
4位 石垣島の「エコツ... (263)
5位 ガールクラッシュ... (234)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (787) 1st
2位 酢酸エステル類の... (529)
3位 アルコール発酵の... (473)
4位 インフルエンサー... (457)
5位 文化資本概念の現... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース