慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200060  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200060.pdf
Type :application/pdf Download
Size :118.2 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 20

Total downloads since Feb 16, 2024 : 20
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 各種eスポーツ競技における視覚探索活動の比較  
カナ カクシュ e スポーツ キョウギ ニ オケル シカク タンサク カツドウ ノ ヒカク  
ローマ字 Kakushu e supōtsu kyōgi ni okeru shikaku tansaku katsudō no hikaku  
別タイトル
名前 Comparison of visual search activities in various eSports games  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 加藤, 貴昭  
カナ カトウ, タカアキ  
ローマ字 Kato, Takaaki  
所属 慶應義塾大学環境情報学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の主題は、極めて厳しい時間的および空間的制約下において迅速で正確な反応、意思決定を行う必要があるeスポーツを対象に、主に眼球運動計測による視覚探索活動の評価を用いて、様々な競技、様々な熟練度の競技者について実験的検討を行い、各種目および各熟練度の違いによる比較検討を行い、さらには共通するパターンについて検証を行うことであった。具体的には下記の2課題で構成した。課題1:視覚探索ストラテジー抽出のための各種eスポーツ競技の選定および環境構築。課題2:各種eスポーツ競技に共通する視覚探索パターンの検討。
今年度は「課題1:視覚探索ストラテジー抽出のための各種eスポーツ競技の選定および環境構築」に注力し、まず研究の基盤となる情報収集を行った。特に各種eスポーツ競技および競技者の特性について検討し、視覚探索活動を評価するに適する競技、および競技者の選定を行った。さらに視覚探索活動を評価するため、eスポーツ競技に適した眼球運動計測実験環境の構築を行った。特に今年度はeスポーツとして最も競技人口が多く、数々の大会が開かれている種目であるMOBA(Multiplayer online battle arena)、同じく特に海外で人気の高いFPS(First-person shooter)およびTPS(Third-person shooter)、リアルとの類似性が最も高いレーシングゲーム(Project CARS)、さらにスポーツ種目としても世界大会(eWorld Cup)が行われているサッカーゲーム(FIFA)を対象に、各種目の特性、競技者の特性について眼球運動計測、ゲーム分析、プロトコル分析を中心に検証を行った。
今後は課題2:各種eスポーツ競技に共通する視覚探索パターンの検討、についても取り組み、各種競技および各熟練度の競技者の眼球運動計測を行い、それぞれに共通するパターンの抽出を目指す。
The aim of this study was to experimentally examine the visual search activities in various games and at various skill levels, mainly using eye movement measurements to assess visual search activities in eSports, which require quick and accurate reactions and decision making under extremely tight time and space constraints. The purpose of the study was to compare the results of the different disciplines and skill levels, and to verify the common patterns. Specifically, the study consisted of the following two tasks. Task 1: Selection of various eSports games and construction of an environment for extracting visual search strategies. Task 2: Examine the visual search patterns common to various eSports games.
This year, we focused on "Task 1: Selection of various eSports games and construction of an environment for extracting visual search strategies". In particular, we examined the characteristics of various e-sports games and players, and selected suitable games and players for evaluating visual search activities. In addition, we constructed an experimental environment for measuring eye movements suitable for e-sports to evaluate visual search activities. In this year, we focused on MOBA (Multiplayer online battle arena), which has the largest number of players and numerous tournaments, FPS (First-person shooter) and TPS (Third-person shooter), which are also popular especially in foreign countries. (FPS) and TPS (Third-person shooter), which are also popular especially overseas, a racing game (Project CARS), which has the highest similarity to real life, and a soccer game (FIFA), which is also held as a sports event (eWorld Cup). The characteristics of each discipline and the characteristics of the players were verified by focusing on eye movement measurement, game analysis, and protocol analysis.
In the future, we will also work on task 2: Examine the visual search patterns common to various eSports games. We will measure the eye movements of competitors in various games and at various skill levels, and aim to extract the patterns common to each.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 13:35:25  
作成日
Feb 16, 2024 13:35:25  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1573) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (665)
3位 Bidet toilet use... (497)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (371)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (970) 1st
2位 インフルエンサー... (461)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 Potent mouse mon... (415)
5位 酢酸エステル類の... (398)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース