慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000008-20200037  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000008-20200037.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.2 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 36

Total downloads since Feb 16, 2024 : 36
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 音楽教育現場で使用される日本伝統音楽の用語 : 現役演奏者の用語との比較を通して  
カナ オンガク キョウイク ゲンバ デ シヨウサレル ニホン デントウ オンガク ノ ヨウゴ : ゲンエキ エンソウシャ ノ ヨウゴ トノ ヒカク オ トオシテ  
ローマ字 Ongaku kyōiku genba de shiyōsareru Nihon dentō ongaku no yōgo : gen'eki ensōsha no yōgo tono hikaku o tōshite  
別タイトル
名前 Terminology of traditional Japanese music employed in the classrooms : compared to that used by professional musicians  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 坂部, 由紀子  
カナ サカベ, ユキコ  
ローマ字 Sakabe, Yukiko  
所属 慶應義塾中等部教諭  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
小学校から大学まで、学校音楽教育の現場で様々な日本の伝統音楽の実技や鑑賞が重視されるようになって二十年程が経った。しかし今もなお、音楽教育で使用される用語と伝統音楽の演奏家たちが使う用語に差異が見られており、とりわけ日本音楽の専門家でない教員たちに混乱を招いている現状がある。さらに、この分野についてわかりやすく整理された教員指導用資料が整っていないため、どこを頼ればいいかわからないままに、教科書を用いて授業を進めているという声を多く聞く。この問題を解決するために用語を整理し、学校教育の現場で音楽教育に携わる教員に正しい情報を伝えることを目的とするものが本研究である。
3年計画の研究のうち、1年目にあたる本年度は、音楽教育の現場で日本の伝統音楽に関して用いられている用語の調査と整理を中心に行なった。教科書やその他の書籍によって用語に揺れがある現状を明らかにすることが第一段階であった。小学校・中学校・高等学校用の文科省の検定音楽教科書で扱われている日本伝統音楽に関する用語の抽出を行なったところ、各分野の専門家の執筆により内容の充実は見られるようになっているが、専門家の分野や流派によって細かいところまで扱われているジャンルとそうでないものがある。学校音楽の授業は専門教育ではなく、授業時間数に限りがあるため、各分野での詳細な説明をすべて盛り込むことは不可能であるが、生徒たちに広くバランスのとれた知識を与えるために、どの部分を取り上げ、どの部分を省略するかについては、より慎重な扱いの検討が必要であろうと感じられた。
これらの整理を通して見えて来た用語の偏りを解消するための方法を模索するとともに、現役演奏家たちが普段使用している用語とこれらの用語のずれについて今後の研究ですすめ、教育現場で使うことのできる教材の試作を行なう予定である。
More than twenty years have passed since the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology started to attach importance to the performance and appreciation of various types of traditional Japanese music in lessons from primary schools to senior-high schools. However, still now, there are differences between the terminology used in the classroom and that used by performers. It tends to lead to teachers, especially non-specialist in Japanese music, to serious confusion. Because of a lack of practical material in that field, most school teachers teach courses blindly using government authorized textbooks. This research aims to address that problem by clarifying the terminology and presenting teacher, with the proper information.
The first year of this three-year research project mainly focused on the examination and sorting of the special terms used in traditional Japanese music lessons in school, in order to shed light on the current situation. By extracting terms employed in government approved music textbooks for primary schools, junior-high schools and senior high schools, it has been revealed that there are differences in the depth of detail depending on genre, based on the level of specialist input. School music courses must select what is necessary for students from a large amount of information, whilst working under difficult restrictions such as a lack of specialised teachers and limits to teaching hours. 
To provide appropriate and balanced knowledge on traditional Japanese music to children, careful editing of teaching materials is necessary. With a view to redressing the terminological bias uncovered in this study, the next step is to further research the differences in usage between educational and specialist fields. The final target is to be able to draft an experimental textbook of benefit to current, non-specialist teachers.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 13:35:22  
作成日
Feb 16, 2024 13:35:22  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース