慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000009-20190391  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000009-20190391.pdf
Type :application/pdf Download
Size :130.4 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 201

Total downloads since Dec 16, 2022 : 201
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル せん妄に関わる臨床因子の検証 : 簡易脳波計を用いたせん妄診断の確立  
カナ センモウ ニ カカワル リンショウ インシ ノ ケンショウ : カンイ ノウハケイ オ モチイタ センモウ シンダン ノ カクリツ  
ローマ字 Senmō ni kakawaru rinshō inshi no kenshō : kan'i nōhakei o mochiita senmō shindan no kakuritsu  
別タイトル
名前 Clinical factors associated with delirium : establishing diagnostic biomarker associated with delirium using a unispectral EEG devise.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 藤澤, 大介  
カナ フジサワ, ダイスケ  
ローマ字 Fujisawa, Daisuke  
所属 慶應義塾大学医学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
せん妄の診断は精神科医や看護師による観察により行われており、生物学的指標に基づく診断は確立されていない。本研究の目的は簡易型脳波計測器を用いて取得した脳波によりせん妄時脳波の特異な脳波パターンを特定し、さらに得られた脳波パターンのみを用いて,せん妄の生物学的指標に基づく診断を確立する.
男女合計40名の脊椎手術を受けた慶應義塾大学病院整形外科入院患者に対し,簡易脳波計(Mind Wave Mobile II BMD)による脳波計測を行った.脳波計測は、閉眼状態で数を3分間のカウントアップ,その後3分間の安静閉眼の2種類の条件で行なった。測定回数は手術前1回,手術後最大3回とし,各回間で24時間以上の間隔を空けた.せん妄の有無はせん妄評価尺度(Confusion Assessment Method:CAM)により判定を行った。脳波解析には各タスク20秒毎の脳波に対して、周波数解析による正規化パワースペクトルの算出により定量化を行なった。つぎに,Wilcoxonの順位和検定(有意水準: 0.01)を行いタスク毎に有意差のある周波数を検出し,ロジスティック回帰によるせん妄陽性群と陰性群の分類を行った.
有意差検定を行った結果,カウントアップ時に7, 8, 12~15, 17, 30Hz,安静閉眼時に1~5, 7, 8, 13, 14Hzの有意差が確認された.次に有意差が確認された周波数を用いて2クラス分類の為ロジスティック回帰を行った結果,カウントアップ時の7~8Hz, 12~15Hz及び安静閉眼の7~8Hz, 13~14Hzのパワースペクトル和を用いた回帰がせん妄判定の最適モデルとなった.また,せん妄患者の脳波はα波,β波でパワーが増強されていることが確認できた.
The purpose of this study is to identify the characteristics of electroencephalogram when delirium appears using a simple electroencephalograph. In addition, delirium is identified using only the obtained EEG patterns. Although delirium has been subjectively screened using CAM, low sensitivity remains a major problem.
In this study, a simple electroencephalograph (Mind Wave Mobile II BMD) was used to evaluate delirium by CAM in a total of 40 patients undergoing spine surgery in Keio University Hospital who underwent spinal surgery. The number was counted for 3 minutes with the eyes closed, and then EEGs were obtained during 3 minutes with the eyes closed at rest. The number of measurements was one before surgery and a maximum of three after surgery. Measurements after surgery were spaced at least 24 hours each.
For the analysis, a normalized power spectrum was calculated by frequency analysis for EEG every 20 seconds for each task. Next, Wilcoxon rank sum test (significance level: 0.01) was performed to detect frequencies with significant differences for each task, and the delirium-positive group and the negative group were classified by logistic regression. As a result of the significance test, significant differences of 7, 8, 12 to 15, 17, and 30 Hz were observed at the time of counting up and 1 to 5, 7, 8, 13, and 14 Hz at the time of resting eyes closed. Next, logistic regression was performed for the two-class classification using the frequencies for which significant differences were confirmed. Regression using was the optimal model for delirium judgment. It was also confirmed that the power of the EEG of the delirium patients was enhanced by α and β wave.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:58  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:58  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース