慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000008-20190361  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000008-20190361.pdf
Type :application/pdf Download
Size :127.0 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 58

Total downloads since Dec 16, 2022 : 58
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 行動経済学による共同体メカニズムの研究 : 保育と教育の実証と理論研究  
カナ コウドウ ケイザイガク ニ ヨル キョウドウタイ メカニズム ノ ケンキュウ : ホイク ト キョウイク ノ ジッショウ ト リロン ケンキュウ  
ローマ字 Kōdō keizaigaku ni yoru kyōdōtai mekanizumu no kenkyū : hoiku to kyōiku no jisshō to riron kenkyū  
別タイトル
名前 A study of the community mechanism by behavioral economics : empirical and theoretical research on child care and education  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大垣, 昌夫  
カナ オオガキ, マサオ  
ローマ字 Ogaki, Masao  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
経済システムは大きく分けると公的メカニズム、市場メカニズム、共同体メカニズムの3つのメカニズムによって動いている。日本を筆頭に多くの国々で少子高齢化が進むなかで、女性の社会参画のために、保育サービスの重要性が増しているが、子どもは市場メカニズムを一人では有効に使えない。そこで、市場メカニズムと共同体メカニズムをどのように混合させていくことが社会にとって望ましいかを研究することが本研究の目的である。
本研究では、共同体メカニズムを、各共同体メンバーの利己的な部分の効用の最大化以外の動機(利他性、応報性、使命感など)からの行動によって働くメカニズムと定義した。本研究では特に、営利企業やNPOとの保育業務の委託契約に注目した。本研究では特に、営利企業やNPOとの保育業務の委託契約に注目した。具体的には、昨年度と今年度に2つの大学の保育園の協力を得て、委託者である大学が委託先の営利企業と契約を結ぶ際に、保育士や職員の継続雇用や、給与などの待遇維持を委託先に要求することの影響や、NPOで保護者が運営に参加することの保育の質への影響について、関係者への聞き取り調査を中心とした質的方法により研究を行ない、今年度は論文にまとめて学会やセミナーでの発表を行い、論文改訂のために有益なさまざまなコメントを得た。
また、今年度は1つの大学の保育園と埋橋玲子同志社女子大学現代社会学部教授の協力を得て1980年にアメリカで開発された保育の質を総合的に測定するECERSというスケールについて保育士や保護者ら保育園関係者を対象に講演を行っていただき、埋橋教授や他の評価者たちに評価に基づいた保育の質の改善のための提言を保育園職員に行っていただいた。同じ保育園で2回の評価を行い、保育士や保護者たちに聞き取り調査をすることで、保育の質の評価や研究者のレクチャーを積極的に受け入れる保育園の運営主体は入札などの競争的圧力がなくとも保育の質を維持し改善することができる実例を示す結果を得た
The economic system can be largely thought to be working with the public, market, and community mechanisms. The issues of low fertility and aging population make progress in Japan and many countries in the world mean that the childcare service becomes more important as female labor participation increases. Given that a child cannot effectively use the market mechanism alone, an important problem is how the market and community mechanisms should be combined for the society. 
In this research project, we define the community mechanism as the mechanism of behaviors that are not motivated by maximizing utility nor profit maximization. Hence behaviors of the community mechanism are motivated by altruism, reciprocity, and the sense of mission, for example. This study focused on consignment contracts in which universities consign child care business to either for-profit companies or nonprofit organizations. We conducted our research by interviews, employing a qualitative research method. We have found that the community of parents of the childcare center can play an important role in preventing a possible disastrous drop of the quality of childcare observed in a previous study. This year, we presented our research including these results in a conference and seminars and obtained useful comments for revising our paper.
This year, we obtained collaborations by Professor Reiko Uzuhashi of Doshisha Women's College of Liberal Ars and by a childcare school run by an NPO with a consignment contract from a university and measured the quality of childcare of the school by Early Childhood Environment Rating Scale (ECERS) twice. Professor Uzuhashi gave a lecture about ECERS to caregivers and parents of the school, and she and the two other ECERS experts gave proposals to improve the quality based on ECERS assessment. Our results show a case in which a school which is willing to accept assessment and lecture can maintain and improve the quality of childcare without market competition pressure.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:54  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース