慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000008-20190354  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000008-20190354.pdf
Type :application/pdf Download
Size :129.5 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 65

Total downloads since Dec 16, 2022 : 65
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 初級中国語教育の再検討 : 慶應義塾における教材開発の研究  
カナ ショキュウ チュウゴクゴ キョウイク ノ サイケントウ : ケイオウ ギジュク ニ オケル キョウザイ カイハツ ノ ケンキュウ  
ローマ字 Shokyū Chūgokugo kyōiku no saikentō : Keiō gijuku ni okeru kyōzai kaihatsu no kenkyū  
別タイトル
名前 Study of the teaching materials development in Keio University  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 浅野, 雅樹  
カナ アサノ, マサキ  
ローマ字 Asano, Masaki  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、主に初級中国語の授業で使用する指定統一教材(主に大学1年生用)に関する一連の研究活動をおおよそ申請時の計画の通り実施することができた。研究期間においては、当研究チームのメンバーで定期的に研究会及び教材の編集会議を行ない、テキスト開発に関する考察や検討を行うと同時に、慶應義塾大学における授業等の教育の実践面で使用する新テキストの作成及び編集作業を進めた。またこの期間、中国語ネイティブの教員や国際漢語教育学の専門家にテキストの校閲と中国語の様々な表現に対するチェックや妥当性について、さらには近年の中国語圏の社会的情勢の反映がなされた語彙や口語表現の自然度や受容性についての研究協力を依頼した。本研究の成果により作成を目指す初級テキストは、現時点で70~80%の完成度に及んでいる。本テキストは本研究による成果を十分に踏まえ、今後、2020年度内に執筆を完成させ、21年度より、本塾の教育実践現場で統一テキストとして使用する予定である。その特徴は音声、語彙(文字)、文法等の言語要素の基礎を固める内容が中心に編成されるが、ネイティブ、非ネイティブを問わず、多くの授業担当者が使用できる汎用性の高いものである。ただ、その一方で、中国語の近年の社会や経済状況において生まれた新語や若者が多用する表現を多く採用し、また「CanDo リスト」や「タスク中心型の練習問題」などのコミュニカティブアプローチに応じた新しいタイプのインタラクティブな授業に適したテキストという性格も具える。中国語教育論を中心に、言語、文学、文化など様々な視点から、授業用テキストの伝統を踏襲しながら、慶應義塾の中国語初修者が着実に言語知識と言語運用の面で基礎力を固めるための新しいタイプのテキストを探求し、その土台を築くことができた点が、本研究の最大の成果であると言える。
A Re-examination of Basic Chinese Language Education: Development of Teaching Materials at Keio University

This study has achieved an implementation of a series of research activities, broadly as planned at the time of application, in relation to specified integrated teaching materials, chiefly for use in basic Chinese language education classes. During the period of this study, the research team members held regular research meetings. At the same time, progress was made with the editing of a new textbook for practical use in education, including classes at Keio University. Furthermore, during this period, research collaboration was requested in relation to proofreading and checking of various Chinese expressions and the appropriateness of the textbook by Chinese native-speaker teaching staff. The results of this study showed that the basic-level textbook, which is the objective of construction, has currently reached around 70~80% completion. We intend to complete writing the textbook within fiscal year 2020, taking the results of this study fully into account, and to utilize it as an integrated textbook in a practical educational setting from fiscal year 2021. The textbook's distinctive features are that it is chiefly organized around contents that consolidate fundamental language elements, and that it is highly versatile in order to enable use by a wide range of teaching staff, both native and non-native speakers. However, through the incorporation of many neologisms and expressions used by young people, it is also a textbook that is suitable for new styles of interactive classes, and is adaptable to a community approach. We have pursued a new type of textbook, while also following the traditions of textbooks for classroom use, in order to enable beginner learners of the Chinese language to steadily consolidate their fundamental abilities, from both aspects of linguistic knowledge and linguistic performance. The achievement of the construction of such a foundation is the greatest result yielded from this study.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:53  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:53  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース