慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000008-20190353  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000008-20190353.pdf
Type :application/pdf Download
Size :127.3 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 83

Total downloads since Dec 16, 2022 : 83
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 化粧動作の運動制御研究  
カナ ケショウ ドウサ ノ ウンドウ セイギョ ケンキュウ  
ローマ字 Keshō dōsa no undō seigyo kenkyū  
別タイトル
名前 Motor control research for makeup movement  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 牛山, 潤一  
カナ ウシヤマ, ジュンイチ  
ローマ字 Ushiyama, Junichi  
所属 慶應義塾大学環境情報学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
「化粧をすること」は,主観的な自己イメージの変化だけでなく,第三者からみた自己の印象の向上にも寄与する.女性にとって日常的な行為であるのはいうまでもないが,昨今では男性にも徐々に浸透しつつある.これまで化粧行動に関する研究では,その動機や理由を調査した心理学的アプローチが大半であり,動作の制御則や学習則に神経科学的な視点からせまった研究は皆無であった.本研究では,これまでヒトやサルの基礎研究を通して展開されてきた手指の精密制御研究の方法論を化粧動作に応用し,神経活動(主に筋電図)と運動出力(指先の把持力)の評価から,その熟達のメカニズムを理解することを目的とする.
2019年度は,装着型荷重センサーを導入し,母指と示指による精密把持運動の評価システムを構築した.対象動作はマニキュアの塗布動作とした.マニキュア塗布の動作の特徴を熟練者・非熟練者で比較した結果,不慣れな者ほど指先の把持力が強くかつ動作時間にわたってこれが大きく変動することが確認された.さらに,化粧動作を動画撮影した結果,非熟練者ほど手首の回旋運動でこれを実現しているのに対し,熟練者は手首は固定し,肘の伸展・屈曲と肩の水平伸展・水平屈曲で動作するという傾向が定性的に見てとれた.ただし,こうした3次元的な動作を定量的に解析するにはかなりの大掛かりなシステムが必要となるため,現在は手指・前腕・上腕・肩のさまざまな筋群の活動を計測し,その時空間的な特徴を評価する手法の開発に取り組んでいる.次年度はこれに継続的に取り組むとともに,化粧前後の心理状態の変化も主観的・客観の両側面から評価していきたい.
Makeup contributes not only to boosting our self-image, but also to changing our own impressions from others. Needless to say, makeup is a daily activity for females, and recently it has gradually penetrated in males. To date, research for makeup has been basically performed from psychological approaches, especially for motivation and reasons. No studies have been performed about motor control and learning for makeup movements by means of neurophysiological approaches. In this study, by evaluating neural activities and motor output which has been mainly used in basic studies for precise finger movement control in monkeys and humans, we are trying to understand neural mechanisms for proficiency of makeup movements.
In 2019, we constructed the system to evaluate finger grasping force by thumb and index fingers using wearable load-sensors, and examined difference in painting-nails movements between experts and non-experts. As results, most non-experts showed greater and more fluctuated finger grasping force throughout the task. Furthermore, by means of movie recordings, we realized that non-experts accomplished painting-nails mainly by wrist rotation, while experts performed it by elbow extension-flexion and/or shoulder horizontal extension-flexion. Now we are making an effort to develop analyzing systems for spatial-temporal characteristics of many muscles' activity located in fingers, forearms, upper arms, and shoulders. In 2020, we will continuously promote such physiological experiments, and try to add psychological evaluations of subjective/objective impressions of outcomes.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:52  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース