慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000008-20190343  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000008-20190343.pdf
Type :application/pdf Download
Size :124.3 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 75

Total downloads since Dec 16, 2022 : 75
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 論理と感性の分野融合的研究およびその応用  
カナ ロンリ ト カンセイ ノ ブンヤ ユウゴウテキ ケンキュウ オヨビ ソノ オウヨウ  
ローマ字 Ronri to kansei no bun'ya yūgōteki kenkyū oyobi sono ōyō  
別タイトル
名前 Interdisciplinary reserch on logic and sensibility and its applications  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岡田, 光弘  
カナ オカダ, ミツヒロ  
ローマ字 Okada, Mitsuhiro  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
人の思考や判断における論理的側面と感性的側面を分野横断的に解明することを目指す研究を進めた。この二側面はしばしば相反する側面として 捉えられることがあったが、我々は両側面を人の思考や判断や意思決定の形成における「互いに補完的な」二側面として捉えた。
特に、論炉と図的表現とが組み合わさった状況についての分析を、論理系グループと行動心理学グループとの協力などで行ない、国際会議などへ成果の公開を勧めた。消費者の意思決定のためのカタログ表(他属性表)について、図的表現要素と論理的配列要素組み込むことによる意思決定のやり易さや意思決定方略の変化の仕方をアイトラッカー法で調べた。順序ダイアグラム(ordinal igrams)と呼ばれる図的要素を持つ調弦順序数によりヒドラゲームなどの論理学的ゲームの新たな分析手法を与えた。
行動遺伝学グループは、本センターの複数の版との共同成果も含む、これまでの学際研究成果をまとめた報告を出版した。このほか、学業成績と教育格差の行動遺伝学的研究の成果を報告した。このほか、認知神経科学、発達科学、感性科学、認知心理学、整理心理学、社会心理学、医療人類学、美学美術史学グループ、倫理学グループなどの報告を含む学際広告集会を開催した。
We made interdisciplinary studies on the two aspects of human thinking and judging. In particular, oue research approaches unclude both experimental study methods and humanity-scientific study methods as well as some field works.
One of varuous results which we obtained in this srudy during the academic year of 2019 was some results on s series of studies of diagrammatic (intuitive) understanding and logical undrstanding. For example, we studied diagrammatic and logical designing of multi-attribute catalogues, diagrammatic aspect of logical games 8such as the Hydta Game) etc.
The Beharioral genetics group reported their recent years' work in which the interdisciplinary works in our Center were included. The annual meeting of the Center took place in feb. 2019 to discuss each other's result interdisciplinarily.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:51  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:51  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (549) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (454)
3位 新自由主義に抗す... (369)
4位 石垣島の「エコツ... (269)
5位 ガールクラッシュ... (263)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (765) 1st
2位 酢酸エステル類の... (541)
3位 アルコール発酵の... (499)
4位 インフルエンサー... (487)
5位 アーカイヴと思考... (412)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース