慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190323  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190323.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.0 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 75

Total downloads since Dec 16, 2022 : 75
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 脳の興奮・抑制バランスを調節する分子メカニズムの解明  
カナ ノウ ノ コウフン・ヨクセイ バランス オ チョウセツスル ブンシ メカニズム ノ カイメイ  
ローマ字 Nō no kōfun yokusei baransu o chōsetsusuru bunshi mekanizumu no kaimei  
別タイトル
名前 Molecular mechanisms to control brain excitation/inhibition balance  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山崎, 世和  
カナ ヤマサキ, トキワ  
ローマ字 Yamasaki, Tokiwa  
所属 慶應義塾大学医学部基礎教室助教 (有期・医学部)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
脳の神経細胞をつなぐシナプスには興奮性と抑制性があり、そのバランスが適切に調節されることで脳が正常に機能することができる。本研究プロジェクトでは、シナプス接着分子Neuroligin(NL)に着目し、NLによる興奮・抑制バランス制御の分子機構解明を目指し研究を展開している。
NLにはNL1からNL4の4つの遺伝子が存在し、NL1は興奮性、NL2, NL4は抑制性、NL3は両方のシナプスを制御することが知られているが、これらの興奮・抑制を制御する分子機構については不明である。申請者は本研究計画の初年度に当たる2018年度において、申請者が独自に発見した抑制性シナプス制御因子GARLHが興奮性のNL1を含む全てのNLに結合することをを見出した。さらに興奮性にのみ局在すると言われていたNL1がGARLHの結合によって抑制性シナプスにも局在することを明らかにした。一方で、NLを興奮性シナプスに局在させる分子機構については未だ不明なままであった。よって、本研究の2年目である2019年度は、この「興奮性スイッチ」の分子機構解明を目指し、研究を展開した。
初年度の研究において、全体のNL1のうち抑制性となるGARLH結合型は非常に少なく、大部分がGARLHと結合していないことを明らかにしていた。これは通常状態の脳ではNL1のほとんどが興奮型であることを強く示唆する。よって申請者はNL1の結合因子の同定によって「興奮性スイッチ」に関わる分子を同定することができると考え、NL1タンパク質複合体の免疫沈降を行った。抗NL1抗体を用いた免疫沈降は効率が悪かったため、申請者はHAタグをNL1の遺伝子領域にKnockinしたマウスを用いた抗HA抗体の免疫沈降を行い、脳Lysate中のNL1を全て回収・精製することに成功した。そして質量分析によってNL1の結合因子の候補遺伝子を複数同定することにも成功した。現在はこれらの候補遺伝子について、それぞれNL1との結合と局在制御について検討を行っている。
In the brain, neurons are connected and interact through synapses, which contains excitatory and inhibitory. The balance of excitatory and inhibitory must be regulated for proper brain functions. In this study, we are investigating molecular mechanisms regulating excitatory/ inhibitory balance by focusing on Neuroligin (NL) family, one of the essential synaptic adhesion protein groups.
NL family contains 4 genes, NL1-NL4. NL1 and NL2/4 regulate excitaotry and inhibitory synapses respectively, while NL3 is involved in both. However, the molecular mechanisms to switch NLs between excitatory and inhibitory synapses are unclear.
In the first year of this project, we found that GABAA receptor-binding protein GARLH, which is essential for inhibitory synaptic functions, binds all NLs including excitatory NL1. Furthermore, we revealed that GARLH-binding localizes NL1 to inhibitory synapses, though NL1 was believed to be the excitatory synapse-specific molecule. These data showed that GARLH-binding is the switch to localize NLs to inhibitory synapses. However, it is still unclear what brings NLs to excitatory synapses. Therefore, in this year, the second year of this project, we investigated molecular mechanisms to regulate NLs' localization at excitatory synapses.
In the first year, we found that only a small population of NL1 binding to GARLH and majority do not in the normal brain, suggesting that almost all NL1 is GARLH-free "excitatory form". So we expected that immunoprecipitation of NL1 could co-purified the components of "excitatory switch". Because precipitation-efficiency of anti-HA antibodies were not enough for analysis, we used HA-knockin mice in whose genome HA-tag is inserted at endogenous NL1 gene locus. Using anti-HA antibody, we immunopurified all NL1 included in soluble brain lysates, and analyzed the resulting precipitant by mass spectrometry, then we identified several candidates as NL1 binding proteins in the brain. Now we are investigating whether these candidates can bind to NL1 and regulates its localization.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:48  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:48  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (490) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (401)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (394)
4位 認知文法から考え... (379)
5位 M&Aにおける... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (398) 1st
2位 新参ファンと古参... (323)
3位 日本における美容... (281)
4位 新自由主義に抗す... (238)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (232)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース