慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190284  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190284.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.5 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 100

Total downloads since Dec 16, 2022 : 100
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 天疱瘡自己抗原に対する末梢性免疫寛容機構の解明  
カナ テンポウソウ ジコ コウゲン ニ タイスル マッショウセイ メンエキ カンヨウ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Tenpōsō jiko kōgen ni taisuru masshōsei men'eki kan'yō kikō no kaimei  
別タイトル
名前 Analysis on peripheral immune tolerance to pemphigus autoantigen  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 勇人  
カナ タカハシ, ハヤト  
ローマ字 Takahashi, Hayato  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室専任講師 (有期・医学部)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
尋常性天疱瘡(PV)は表皮細胞間接着分子デスモグレイン 3(Dsg3)に対する自己抗体により生じる自己免疫疾患である。角化細胞の細胞接着が障害され口腔や全身皮膚にびらん、水疱が生じ重篤な状態となる。我々はDsg3特異的T細胞が野生型マウスの皮膚所属リンパ節内で除去される末梢性免疫寛容機構を同定し、これがFoxp3+制御性T細胞(Treg)により維持される事を示してきた。すなわち、Treg非存在下ではDsg3特異的T細胞は除去されずに、病気を誘導した。一方、様々な程度でFoxp3の機能障害が生じた三種類の変異マウス(A384T, I363V, R397W各マウス)を利用して解析すると、驚くべきことに、Foxp3の機能がほぼ消失し全身性炎症をおこすR367Wマウスを含め、どのFoxp3機能不全マウスでもDsg3H1 T細胞が高率に除去される結果を得た。R397W変異で発現が維持されているTreg特異的遺伝子は20個程度あり、その内共刺激分子と関連する分子はCTLA-4とOX40であった。Tregが存在しない状況下においては、Dsg3特異的T細胞は除去されずに病気を起こすが、Treg非存在下においても変わらずT細胞が除去される条件を調べるため、CTLA-4-IgとOX40L阻害抗体を投与した。CTLA-4-IgはかわらずDsg3特異的T細胞が除去されずに病気を引き起こしたが、OX40L阻害抗体を投与するとDsg3特異的T細胞が除去された。逆に、野生型マウスにおいてOX40刺激抗体を投与するとDsg3特異的T細胞が除去されずに病気を引き起こした。以上より、TregがDsg3特異的T細胞の末梢免疫寛容に重要であり、T細胞のOX40シグナルがTregにより抑制されることにより、T細胞除去がなされることが明らかになった。
Peripheral immunological tolerance is critical to prevent autoimmunity but detail of the mechanism has not been exactly understood. The purpose of this study is to unveil the mechanisms of peripheral tolerance to a pemphigus autoantigen, desmoglein 3 (Dsg3). To achieve this, Dsg3-specific TCR transgenic (Dsg3H1) CD4+ T cell was used. This T cell was deleted by central tolerance, but developed into the periphery in the absence of Dsg3 as in Dsg3-/- mice. When Dsg3H1 T cells were adoptively transferred, the peripheral Dsg3H1 T cells disappeared in skin-draining LNs in WT mice by Day14, but survived in Dsg3-/- mice, indicating antigen-specific elimination. To identify crucial cell subsets and molecules involved in this process, various gene-engineered or antibody-treated mice were used as recipients. The elimination was affected in MHC II-/-, but not in Aire-/- or anti-PD-1 treated mice, indicating an essential role of MHC II+ antigen presenting cells (APC), but not of Aire or PD-1. Moreover, under in vivo ablation of Foxp3+ Treg in DEREG mice, Dsg3H1 T cells were not eliminated, but expanded and induced dermatitis. Furthermore, Dsg3H1 T cells were eliminated even in three different Foxp3 mutant knock-in mice which have functionally-affected Treg to various degrees. Therefore, Treg-specific molecules that remain functional in those mutants can be responsible for the elimination. Transcriptome analysis of the mutant Treg identified OX40, co-stimulatory molecule involved in lymphocyte survival, as a candidate molecule. In fact, anti-OX40L blocking antibody partially restored the elimination of Dsg3H1 T cells in the absence of Treg in DEREG mice. Thus, these findings indicated Treg-mediated, OX40-dependent elimination of autoreactive CD4+ T cells as a novel skin peripheral tolerance mechanism.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:42  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:42  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (1004) 1st
2位 「危険の予見可能... (659)
3位 731部隊と細菌戦 ... (383)
4位 新自由主義に抗す... (370)
5位 ガールクラッシュ... (358)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (975) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (765)
3位 酢酸エステル類の... (691)
4位 慶應義塾大学日吉... (637)
5位 渋沢栄一と朝鮮 :... (575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース