慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190267  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190267.pdf
Type :application/pdf Download
Size :112.6 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 85

Total downloads since Dec 16, 2022 : 85
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 世界水準の比較憲法学を踏まえた日本憲法学の刷新  
カナ セカイ スイジュン ノ ヒカク ケンポウガク オ フマエタ ニホン ケンポウガク ノ サッシン  
ローマ字 Sekai suijun no hikaku kenpōgaku o fumaeta Nihon kenpōgaku no sasshin  
別タイトル
名前 Inovation of Japanese style comparative constitutional studies based on global standard.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 横大道, 聡  
カナ ヨコダイドウ, サトシ  
ローマ字 Yokodaido, Satoshi  
所属 慶應義塾大学大学院法務研究科 (法科大学院) 教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
日本の比較憲法研究は、①英米独仏などの特定国に隔たっており、②基本的に対象国の理論や学説の紹介が中心で、③憲法典の制定・改正は研究対象とせず、④ドメスティックな研究が中心で、日本の憲法状況を海外に発信することは稀である。これに対して、近年、世界的に興隆を見せている比較憲法研究では、①特定国に隔たらず、②他の学問領域の研究手法を積極的に取り入れ、③憲法典を所与とせず、④国際的な交流を盛んに行っている、正反対の状況にある。
本研究は、世界水準の比較憲法研究の議論を踏まえて、日本の憲法学で議論されてきた論点や、十分に検討されてこなかった論点について明らかにするとともに、それらについて発信することを試みた。
まず、世界水準の比較憲法学の知見を踏まえて、日本の憲法学の議論状況を相対化し、新たな視点を提示する研究として、法学教室誌の「探検する憲法」という連載を挙げることができる。次に、日本の憲法状況を海外に英語への発信として、定評のあるオンライン・ジャーナルであるGerman Law JournalにConstitutional stability in japan not due to popular approvalという論文を掲載した。
本研究は、3 か年計画で立案したものであり、いまだ途上にあるが、1年目の成果として十分な業績を示せたのではないかと考える。
Comparative constitutional research in Japan focuses only on the U.S, Germany, France, and England. Other countries are usually not the subject of research. And Japanese constitutional law scholars are not interested in how to enact or amend the constitution. In contrast, Comparative Constitutional Studies around the world are focus on every country and compare them, and interested in the process of constitutional enactment and the best way to the amendment.
In this research, I try to change the environment of Japanese comparative constitutional studies based on global standard research. I published many articles, including "Constitutional stability in japan not due to popular approval", for that purpose.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:40  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:40  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース