慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190228  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190228.pdf
Type :application/pdf Download
Size :122.1 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 95

Total downloads since Dec 16, 2022 : 95
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 会計基準の合理性 : リース会計を題材に  
カナ カイケイ キジュン ノ ゴウリセイ : リース カイケイ オ ダイザイ ニ  
ローマ字 Kaikei kijun no gōrisei : rīsu kaikei o daizai ni  
別タイトル
名前 The validity of accounting standards : an example from lease accounting  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 荒田, 映子  
カナ アラタ, エイコ  
ローマ字 Arata, Eiko  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では,会計基準の国際的統一化という動向を踏まえて,統一化可能な要素とそうではない要素について,米国財務会計基準審議会(FASB)と国際会計基準審議会(IASB)によるリース会計基準の共同開発を題材に分析した。この共同開発はリース資産を使用権資産の取得と捉える点で統一化に成功したといえるが,費用の測定を巡っては両者は異なる方法を選択する結果となっている。
そこで,まず使用権資産という概念はどのようにして受け入れられたのかを検討した。もともと英米法圏における財産権には,所有権を時間で分割してそれを複数の権利者で分け合うことができるという性質があるため,リースのように耐用年数の一部を使用する権利を所有者ではない借手が支配する使用権資産として認識することに抵抗がなかったと考えられる。しかしIFRSが国際基準としてそれ以外の法域でも受け入れられるためには,未履行契約であるとして会計上認識の対象とならなかったオペレーティング・リースから生じる使用権資産が資産として認識される必要があった。そこで資産の定義のコアとされる「支配」に焦点をあて,「資産の使用を支配する権利」について具体化し,それが移転する契約を法律上の未履行契約と区別することで,英米法圏以外の法域で使用権資産を会計上認識するための概念整理が行われた。
一方費用処理について異なる基準が選択された理由の背景には,米国の不動産賃貸借制度の特殊性があり,その趣旨にあわせた選択がなされたのではないかという仮説を提示した。
この研究の発見事項は2つである。まず,バランスシートに認識する資産,負債は,法的な権利義務の概念を会計の目的に合わせて修正することで国際的にある程度共通化が図れることを示した。また,費用測定の際には捨象できない国ごとの取引の実質があることを確認し,会計基準においてしばしば強調される「実質優先原則」の「実質」を形成する社会規範(の1つ)を具体的に提示した。
This study examined to what extent uniformity of accounting rule can be achieved and what factors could prevent complete uniformity, overviewing the process of joint project on lease accounting standards by the U.S. Accounting Standards Board (FASB) and the International Accounting Standards Board (IASB).
First, we focused on the concept of right-of-use assets and examined why it is accepted under the new standard. Property rights in the Anglo-Saxson jurisdiction have been considered to be divided by time and shared by multiple rights holders. Therefore, it seems that there was no resistance in recognizing a right-of-use asset by a lessee who is not its owner. However, in other jurisdiction, rights arising from operating leases were not recognized on lessees' balance sheet because they were regarded as executory contracts. In order for IFRS to be accepted globally as a single set of accounting standards, it needed a new logic that supports recognition of the right arising from operating leases. Then, focusing on "control" which is the core concept of the definition of an asset, they embodied the conditions for "right to control the use of the asset" in order to discriminate rights arising from the other executory contracts.
On the other hand, we hypothesized the reason why FASB and IASB selected different treatment for cost measurement is due to the peculiarity of the U.S. real estate leasing system.
Through this research, we have two findings. First, we showed that assets and liabilities recognized on the balance sheet can be internationally standardized by modifying the concept of legal rights and obligations to suit the purpose of accounting. Second, we found a factor that determines the substance in the "substance over form principle", which is often emphasized on accounting standards setting.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:34  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (473) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (346)
3位 慶應義塾図書館史... (314)
4位 M&Aにおける... (300)
5位 認知文法から考え... (297)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 医療用呼吸温湿度... (724) 1st
2位 A study on the s... (394)
3位 新参ファンと古参... (342)
4位 非上場株式の評価... (273)
5位 新自由主義に抗す... (267)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース