慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190193  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190193.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.2 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 116

Total downloads since Dec 16, 2022 : 116
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 研究開発組織とイノベーション : 特許データに基づく実証分析  
カナ ケンキュウ カイハツ ソシキ ト イノベーション : トッキョ データ ニ モトズク ジッショウ ブンセキ  
ローマ字 Kenkyū kaihatsu soshiki to inobēshon : tokkyo dēta ni motozuku jisshō bunseki  
別タイトル
名前 The organization of R&D and innovation outcomes : an empirical study based on patent data  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 牛島, 辰男  
カナ ウシジマ, タツオ  
ローマ字 Ushijima, Tatsuo  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本年度においては、分析の準備として2種類のデータの整備を中心に行った。第1は、経済産業省が毎年行っている「企業活動基本調査」の個票データである。このデータの利用は政府への申請が必要となるため、研究代表者と共同研究者が参加している経済産業研究所の研究会を通じて利用申請を行い、許諾を得た。また、本研究の対象である東京証券取引所の第1部上場製造業企業のデータを抽出すため、同研究所によって整備されているコンバータを用いて、2000~2015年期間に該当企業の特定を行った。これら企業について、本社部門所属の研究開発人員数と事業部門(非本社部門)所属の研究開発人員数の抽出を行った。また、研究開発費や財務状況等の企業属性に関する情報を得るため、日経NEEDSデータベースとのマッチングを行うことで基礎データを得た。

第2は、知的財産研究所によって整備、公開されている特許データである。同データに基づき、上記の研究対象企業が研究期間に新たに取得したすべての登録特許を会社名に基づき特定、抽出した。今後は、これら特許によって守られている技術の幅を個々の特許について測定すると共に、企業に持つ特許の集合(パテントポートフォリオ)全体についても同様な作業を行っていく予定である。

今年度は研究計画の初年度であるため、上記のデータ整備作業に注力し、統計解析やモデル分析などの作業は行っていない。特許データの抽出は大変手間のかかる作業である。本研究プロジェクトでは、学外の共同研究者1名が主担当として行いつつ、必要に応じてビデオ会議での協議を行い、作業を進めてきた。この形の協働には非効率な部分もあるため、3月に研究代表者が出張を行い、対面での共同作業を集中して行う予定であったが、コロナウィルスをめぐる情勢の影響により、断念せざるをえなかった。このため、特許データ整備の進捗状況は、研究計画に比べて遅れてしまっている。
The fiscal year 2019 was the initial year for this particular project. Accordingly, we mostly concentrated on the acquisition and preparation of basic data on the R&D organization and registered patents of manufacturing firms listed on the first section of Tokyo Stock Exchange. Our data on R&D organization come from the Basic Survey of Japanese Business Structure and Activities. We gained access to the microdata of this survey annually performed by the Ministry of Economy, Trade and Industry. The variables of our central interests are the numbers of R&D personnel affiliated with headquarters and divisional labs, respectively. Our data on the registered patents of sample firms are provided by the Institute of Intellectual Property. We quantify the technological breath of individual patents and patent stock as a whole held by our sample firms. The study will examine the relationship between these technological variables and the centralization (decentralization) of R&D organizations.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:29  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:29  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1654) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (617)
3位 Bidet toilet use... (453)
4位 731部隊と細菌戦 ... (444)
5位 新自由主義に抗す... (366)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1046) 1st
2位 インフルエンサー... (508)
3位 興味が引き起こさ... (436)
4位 酢酸エステル類の... (420)
5位 刑法における因果... (416)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース