慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190184  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190184.pdf
Type :application/pdf Download
Size :104.8 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 65

Total downloads since Dec 16, 2022 : 65
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 最適なインフレ率は世代で異なるのか?  
カナ サイテキナ インフレリツ ワ セダイ デ コトナル ノカ?  
ローマ字 Saitekina infureritsu wa sedai de kotonaru noka?  
別タイトル
名前 Generational war on inflation : optimal inflation rates for the young and the old  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 藤原, 一平  
カナ フジワラ, イッペイ  
ローマ字 Fujiwara, Ippei  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
高齢化は、(目標)インフレ率の決定に影響を与えるのであろうか? 社会が高齢化すると、低インフレ率が好まれるようになるのであろうか?こうした問いに答えるため、本稿では、ニュー・ケインジアン・モデルを多世代重複モデルに拡張し、人口動態を規定する要因に応じて、若者と高齢者それぞれに対する最適インフレ率がどのように変化するかを分析する。シミュレーション結果をみると、まず、最適なインフレ率は、世代間で異なることがわかった。次に、金融取引の名目契約を通じたインフレの再分配効果を考慮すると、世代毎の最適インフレ率は、ゼロから大きく離れたものとなるケースもみられ、特に、名目金融資産の多い高齢者にとっては、大きくマイナスなインフレ率が最適となることもわかった。この結果は、高齢化には、政治経済学的なメカニズムを通じて、インフレ率に負の影響を与える可能性があることを示唆している。
How does a grayer society affect the political decision making regarding inflation rates? Is deflation preferred as a society ages? In order to answer these questions, we compute the optimal inflation rates for the young and the old respectively, and explore how they change with demographic factors, by using a New Keynesian model with overlapping generations. According to our simulation results, there indeed exists a tension between the young and the old on the optimal inflation rates, with the optimal inflation rates differing between generations. The rates can be significantly different from zero, particularly, when heterogeneous impacts from inflation via nominal asset holdings are considered. The optimal inflation rates for the old can be largely negative, reflecting their positive nominal asset holdings as well as lower effective discount factor. Societal aging may exert downward pressure on inflation rates through a politico-economic mechanism.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:28  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:28  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (734) 1st
2位 出生率及び教育投... (554)
3位 『うつほ物語』俊... (437)
4位 新自由主義に抗す... (412)
5位 731部隊と細菌戦 ... (319)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2452) 1st
2位 家族主義と個人主... (1809)
3位 731部隊と細菌戦 ... (736)
4位 新参ファンと古参... (438)
5位 猫オルガンとはな... (383)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース