慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190151  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190151.pdf
Type :application/pdf Download
Size :104.7 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 56

Total downloads since Dec 16, 2022 : 56
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 株式所有割合と利益マネジメントに関する研究  
カナ カブシキ ショユウ ワリアイ ト リエキ マネジメント ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Kabushiki shoyū wariai to rieki manejimento ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Capital structure and earnings management  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 村上, 裕太郎  
カナ ムラカミ, ユウタロウ  
ローマ字 Murakami, Yutaro  
所属 慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
実証研究および実務において、連結利益の調整が、親会社利益のみならず連結子会社の利益(子会社利益)を通じておこなわれていることが示されている。本研究では、株式所有割合が利益マネジメントにどのような影響を与えるのか、理論的に検証する。具体的には、①関連会社間(親子間を含む)で利益マネジメントをおこなう状況で、親会社の所有割合の増加は利益マネジメントにどのような影響を与えるのか、②親子上場のようなケースで、グループ会社間の利益マネジメントはどのように変化するか、③親会社経営者はどのようなときに子会社を上場させるのか、を明らかにする。
分析の結果、以下のことがわかった。第一に、連結利益の価値関連性と関連会社所有割合の関係は、関連会社が上場しているか否かで異なる。関連会社上場時、価値関連性は所有割合に関して増加的となるが、関連会社非上場時、価値関連性は所有割合に関して減少的となる可能性がある。第二に、関連会社から親会社への利益マネジメントは、関連会社が子会社のとき、子会社非上場時は所有割合に関して減少的であるが、子会社上場時は所有割合に関して増加的となる可能性がある。第三に、関連会社非上場時と上場時の利益マネジメント水準を比較すると、連結利益の価値関連性が高く、かつ、関連会社利益の価値関連性が正の場合、非上場時の方が大きい。
According to empirical research and real business, the manager adjusts the consolidated earnings not only through earnings of parent companies but also through those of subsidiaries. This study investigates how the capital structure or ownership affects the earnings management activities. Specifically, this study examines 1) in a situation where earnings are managed between affiliated companies (including between parent and subsidiary), how the increase in ownership of the parent company affects earnings management, 2) how earnings management between group companies changes when parent company managers list subsidiaries, and 3) when the manager of parent company list subsidiaries.
As a result of the analysis, I found the following. First, the relationship between the value relevance of consolidated earnings and the ownership ratio of an affiliated company depends on whether the affiliated company is listed or not. When an affiliated company is listed, value relevance may be increasing with respect to ownership, while when unlisted, value relevance may be decreasing with respect to ownership. Second, earnings management from the affiliated company to the parent company may be decreasing with respect to ownership when the subsidiary is unlisted, but may be increasing with respect to ownership when the subsidiary is listed. Third, a comparison in earnings management levels between when an affiliated company is unlisted and when it is listed shows that when the value relevance of consolidated earnings is high and the value relevance of earnings of an affiliated company is positive, it is larger when unlisted.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:24  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (490) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (401)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (394)
4位 認知文法から考え... (379)
5位 M&Aにおける... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (398) 1st
2位 新参ファンと古参... (323)
3位 日本における美容... (281)
4位 新自由主義に抗す... (238)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (232)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース