慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190136  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190136.pdf
Type :application/pdf Download
Size :122.3 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 68

Total downloads since Dec 16, 2022 : 68
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 薬学を先導する人材の基盤形成に必要な基礎実習プログラムの構築  
カナ ヤクガク オ センドウスル ジンザイ ノ キバン ケイセイ ニ ヒツヨウナ キソ ジッシュウ プログラム ノ コウチク  
ローマ字 Yakugaku o sendōsuru jinzai no kiban keisei ni hitsuyōna kiso jisshū puroguramu no kōchiku  
別タイトル
名前 Trial of basic experiment course of analytical chemistry to train basic skills required as a student of the Faculty of Pharmacy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石川, さと子  
カナ イシカワ, サトコ  
ローマ字 Ishikawa, Satoko  
所属 慶應義塾大学薬学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
薬学部では、低学年における実験実習で実験技能・態度の基盤およびそのために必要な基本的知識を身につけることが重要である。本研究では、薬学生が身につけるべき実験技能の基盤を明らかとし、薬学を先導する人材の基盤形成につながる基礎実習プログラムを構築することを目的とした。
薬学部1年秋学期「薬学基礎実習」は、多くの実習・研究で用いる基本操作となる分析系および生物系の内容を学ぶ科目であり、2018年度より分野に限らず卒業研究まで継続して求められる知識、態度として4つのテーマ「実験安全」「機器・器具の正しい取り扱い」「試薬の適切な取り扱い」「データの適切な取り扱い」を設定し、ジグソー法による学習を導入した。その学習効果について2018年度のグループ報告書・個人レポートへの記述から確認した結果、ジグソー法導入により、学生同士で情報を共有し気づきを生み出すことが分かった。また、予習復習の大切さ、整理整頓や安全を重視する姿勢など、初年次の基礎系実習が上位学年の実習に大きく繋がっていくことを学生が実感していることを確認できた。
ジグソー法では、個人レベルでの学習、同じテーマを担当する学生同士のエキスパート活動の後、異なるテーマを学んだ者同士でのジグソー活動を行うが、エキスパート活動では互いに依存せずに活動している学生が多く、積極性を生み出す効果があった。2018年度は実習期間の最後にジグソー法を行い、2019年度は実習期間の中間時期に実施したが、いずれもこのプログラムに対する肯定的な感想が多く、ジグソー法が実験実習において効果的な教育ツールであると考えた。今後、さらに深くレポートの記述内容を考察するとともに、初年次にジグソー法で学んだ経験が上位学年への学びにつながっているかを検証する必要がある。その上で、実験実習を通して、研究室配属まであるいは卒業時までに身につけるべき実験技能をアウトカムとして設定し、実習項目、方略の最適化を行っていく。
It is important for the Faculty of Pharmacy to acquire experimental skills and attitudes in experimental training in lower grades. This study aimed to construct a basic training program for the first year students using the jigsaw method. "Basic Practice for Pharmaceutical Sciences" is a subject that teaches the contents of analytical chemistry or biology, and students learn the basic operations used in many practical training / research. We set four themes, "experimental safety", "correct handling of equipments", "proper handling of reagents", and "proper handling of data", and introduced learning by the jigsaw method. From the description in the report written by students, it was found that the introduction of the jigsaw method allows students to share information and be aware of it. And many students realized that the basic training in the first year was greatly connected to the training in the upper grades.
From these results, out trial using the jigsaw method gave the first year students positive impressions about this program, and it is revealed that the method is an effective educational tool in experimental subjects. It is necessary to examine the description content of the report more deeply and verify whether the experience learned by the jigsaw method in the first year leads to the learning in the upper grades. In the future, we will optimize practical training items and strategies in the Faculty of Pharmacy.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:23  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース