慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190133  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190133.pdf
Type :application/pdf Download
Size :124.6 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 116

Total downloads since Dec 16, 2022 : 116
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ポスト震災期におけるソーシャルセクターの連続性と非連続性  
カナ ポスト シンサイキ ニ オケル ソーシャル セクター ノ レンゾクセイ ト ヒレンゾクセイ  
ローマ字 Posuto shinsaiki ni okeru sōsharu sekutā no renzokusei to hirenzokusei  
別タイトル
名前 Continuity and discontinuity of social sector after the great Hanshin-Awaji earthquake period  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 宮垣, 元  
カナ ミヤガキ, ゲン  
ローマ字 Miyagaki, Gen  
所属 慶應義塾大学総合政策学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は、阪神・淡路大震災(1995年)や東日本大震災(2011年)を契機に変容してきたNPOなどの市民社会組織が、その後の過程でどのような特性を有するに至ったかについて、とくに震災期の前後における連続性と非連続性という観点から明らかにしようとするものである。
本年度は、こうした目的に沿った理論分析枠組みの構築と、これまでに行ってきた調査の二次分析、そして関連する事前調査および調査実施に向けた準備を行った。まず、理論的検討については、とりわけ地域福祉分野やまちづくり分野を中心とするNPOの趨勢が、この間の制度化や事業化の流れの中でどのような影響を受けてきたのかについて、その環境(制度・政策)変化と組織変容の関係について検討を行った、これについては、過去の調査結果も振り返りながら、書籍としてもまとめるとともに、学術論文を準備中である。また、これまで実施した調査の二次分析については、兵庫および神奈川県で実施した科研費調査の結果も用いながら、組織とネットワークの視点から分析を行った。これらは複数の学術論文として公刊されている。以上のことから、組織と外部環境の相互作用や組織間ネットワークのメゾレベルと、組織関わる人々の(非公式な)パーソナルネットワークのミクロレベルそれぞれについての整理はできたが、同時にこれらが相互に対し作用し合うことである種のジレンマを生じさせている可能性も見出された。次年度以降では、こうした観点から理論および実証を進めて行くことを考えている。
This study focuses on the characteristics of civil society organizations such as NPOs, which have been transformed since the Great Hanshin-Awaji Earthquake (1995) and the Great East Japan Earthquake (2011). It seeks to study in terms of continuity and discontinuity before and after the disaster period.
This fiscal year, the study established a theoretical analysis framework to meet these objectives, conducted a secondary analysis of the surveys we have conducted, and prepared for the related preliminary surveys. First, as for theoretical examination, it discussed how the trends of NPOs, especially in the field of community-based welfare and community development, have been affected in the course of institutionalization and commercialization during this period. It examined the relationship between policy and organizational change. Regarding this, with rethinking past research results, the author compiled a book, and am preparing an academic paper. Regarding the secondary analysis of the surveys conducted so far, the analysis was conducted from the viewpoints of organizations and networks, using the results of KAKENHI surveys conducted in Hyogo and Kanagawa Prefecture. These have been published as several academic papers. From the above, it was possible to consider the interaction between the organization and the external environment, the mezzo-level of the inter-organizational network, and the micro-level of the (informal) personal network of the people involved in the organization. It has also been found that conflicting between these networks may create some kind of dilemma. From the next fiscal year onward, I plan to proceed with theoretical research and survey from this perspective.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:22  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:22  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1674) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (432)
3位 石垣島の「エコツ... (403)
4位 新自由主義に抗す... (369)
5位 In-vivo kinemati... (249)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1049) 1st
2位 インフルエンサー... (504)
3位 酢酸エステル類の... (468)
4位 興味が引き起こさ... (425)
5位 刑法における因果... (423)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース