慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190116  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190116.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.3 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 110

Total downloads since Dec 16, 2022 : 110
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル データサイエンス手法による経営課題解決に向けた定量分析  
カナ データ サイエンス シュホウ ニ ヨル ケイエイ カダイ カイケツ ニ ムケタ テイリョウ ブンセキ  
ローマ字 Dēta saiensu shuhō ni yoru keiei kadai kaiketsu ni muketa teiryō bunseki  
別タイトル
名前 Quantitative analysis for business applications using data science methods  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 林, 高樹  
カナ ハヤシ, タカキ  
ローマ字 Hayashi, Takaki  
所属 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究プロジェクトは、データサイエンスの手法を応用して分析し、経営上の課題に対する具体的な解決策を提案するとともに、同様なデータに対する分析の方法論の構築を目指した。

今年度は、過去年度の研究成果をベースに継続・発展させた。具体的には、オンラインショッピングモールにおける特定ジャンルの商品に関する価格や各種属性情報を用いた価格の形成要因分析、ブランド価値の評価、あるいは、オンライン旅行サイトにおける口コミ情報をテキスト解析することによるサービス提供側と消費者側の当該サービスに対する認識の乖離に関する分析などである。

まず、階層型ベイズモデルを応用した価格評価のモデリング行うことで、市場価格からデータ駆動的に商品の製造メーカーのブランド価値を評価する方法を検討した。実際に中古衣料の国内大手サイトの取引データに提案手法を適用し、ブラント価値の評価を行った。

次に、同様のアプローチを、国内中古PC市場に対しても適用し、実証分析を行った。中古PCの持つCPUの速度やメモリ容量、記憶装置の容量などのスペックの中古価格に与える影響の大きさの評価を通じて、国内中古市場の特徴を実証的に示した。中古PCの製造メーカーのブランド価値の評価も試みた。

また、日本産ワインに関して、その特殊性を考慮した統計モデルを検討し、国内におけるワイン販売サイト大手の商品データを使った価格の形成要因分析を行った。

一方、中国旅行サイトの日本旅行に関する中国人旅行客のレビューデータを用いたデスティネーション分析を行った。トピックモデルによって、京都市内の観光スポットについて、旅行者のレビューと観光ガイドの各々から抽出されるトピック間のギャップを評価することで、観光業界や行政への提言を検討した。

中古衣料市場に関する成果は、経営情報学会2019年春季全国研究発表大会にて発表した。
The purpose of this research project is to analyze data by applying data science techniques and to propose specific solutions to management issues, then to establish a methodology for analyzing similar datasets.

This year, we continued and developed the themes we have been pursuing in the past years. Specifically, using the price and various attribute information on products of a specific genre in online shopping malls, we extracted price formation factors and evaluated brand values, or by conducting text analysis of word-of-mouth posts on online travel sites, we analysed the differences between service providers' intention and consumers' perception of the identical services.

First, we considered a hierarchical Bayes modeling approach to model price valuation and investigated the proposed method of evaluating the brand values of the manufacturers of products from their traded prices in a data-driven manner. We actually applied the method to the transaction data of a major domestic second-hand clothing website and evaluated the values of fashion brands.

Next, the same approach was applied to the domestic second-hand PC market, and empirical analysis was performed. The characteristics of the domestic used market were empirically demonstrated by evaluating the impact of used PC's CPU speed, memory capacity, storage device capacity, and other specifications on the traded price. We also evaluated the brand values of the PC manufacturers.

Furthermore, we investigated and analyzed factors contributing to price formation for Japanese wines using data from a domestic major online shopping mall specializing in wines. 

In the meantime, we conducted a destination analysis using review data of Chinese tourists on Japan travel on a major Chinese tourists' website. A topic model was used to evaluate the gaps between the topics extracted from tourist guides and those from tourists' reviews regarding popular tourist spots in Kyoto, and considered potential proposals for improvements in the tourism industry as well as the local governments.

The results on the second-hand clothing market were presented at the 2019 Japan Society for Management Information Spring Meeting.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:20  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:20  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (502) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (392)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (379)
4位 認知文法から考え... (362)
5位 M&Aにおける... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 医療用呼吸温湿度... (723) 1st
2位 A study on the s... (391)
3位 新参ファンと古参... (360)
4位 新自由主義に抗す... (264)
5位 日本における美容... (248)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース