慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190103  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190103.pdf
Type :application/pdf Download
Size :117.9 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 215

Total downloads since Dec 16, 2022 : 215
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ブリュノ・ラトゥールの科学論と哲学  
カナ ブリュノ・ラトゥール ノ カガクロン ト テツガク  
ローマ字 Buryuno Ratūru no kagakuron to tetsugaku  
別タイトル
名前 Science studies and philosophy of Bruno Latour  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 荒金, 直人  
カナ アラカネ, ナオト  
ローマ字 Arakane, Naoto  
所属 慶應義塾大学理工学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
科学論を中心に展開するブリュノ・ラトゥール(Bruno Latour, 1947-)の思想の諸側面を彼の思想の根本にある哲学との整合性を確認しながら体系的に捉え直すという三年計画の目的の下、一年目の2019年度は、ラトゥールの初期の重要著作『パストゥール:微生物の戦争と平和』(Pasteur: guerre et paix des microbes, 初版は1984年)の第一部で展開される科学史的・科学社会学的な分析と第二部で表現される哲学的な考察との関係を見極めるために、同書の分析と翻訳を行った。第一部の三分の一と第二部全体の翻訳は完了しており、2020年度中の全訳を目指している。2019年5月に教養研究センター主催の講演会「ラトゥールの科学論と「物の歴史性」を非還元性の原則から捉え直す」を行い、ラトゥールの科学論の基本的な部分を、『パストゥール:微生物の戦争と平和』第二部の冒頭で表明される「非還元性の原則」(「いかなるものもおのずから他のいかなるものにも還元可能でも還元不可能でもない」)から捉え直すことができることを示した。「非還元性の原則」がラトゥール哲学の核の一つであることは間違いなく、そこから展開される非本質主義的・関係主義的・構築主義的な思想が、ラトゥールの科学論および諸思想の骨格を成していると言える。しかし、この「哲学から科学論へ」という動きは一方向的ではなく、『研究室生活』(Laboratory Life, 1979)のような最初期の科学論的な研究が彼の哲学の形成にとって決定的であったことも間違いない。『パストゥール:微生物の戦争と平和』における哲学と科学論の関係を正確に捉えることが一年目の目標であり、それを踏まえて科学論関係のラトゥールの他の著作に分析対象を広げるというのが当初の予定であったが、順番が多少前後している部分もあり、一年目の計画は完全には達成されていない。そのことを踏まえて、2020年度も同じ方向性で研究を続ける予定である。
Bruno Latour's (1947-) thought revolves around science studies. The purpose of this study (three-year plan) is to systematically reconsider aspects of Latour's thought in relation to his philosophy. In the first year, 2019, I analyzed Latour's early important work, Pasteur: guerre et paix des microbes, first published in 1984. The purpose is to determine the relationship between the historical and sociological analysis developed in Part I of this book and the philosophical considerations expressed in Part II. At the same time, I started translating the book, and the translation of one third of the first part and the whole second part was completed. I am aiming for a full translation in 2020. In May 2019, I gave a lecture ''Review of Latour's science studies and 'history of things' from the principle of irreducibility'' hosted by Keio Research Center for Liberal Arts, and introduced the basic parts of Latour's science studies, captured from the "principle of irreducibility" ("Aucune chose n'est par elle-même, réductible ou irréductible à aucune autre") expressed at the beginning of the second part of Pasteur: guerre et paix des microbes. There is no doubt that the "principle of irreducibility" is at the core of Latour's philosophy. It can be said that the non-essentialist, relationalist, and constructivist ideas developed from this principle form the basis of Latour's science studies. However, the movement from "philosophy to science studies" was not one-way, and his earliest studies such as Laboratory Life (1979) were decisive for the formation of his philosophy. My first year's goal is to accurately capture the relationship between philosophy and science studies in Pasteur: guerre et paix des microbes to expand my analysis to other Latour's books on science studies in my second year. It was originally planned, but there are some differences in the order, and the plan for the first year has not been completely achieved. I plan to continue research in the same direction in 2020.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:18  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:18  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース