慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190074  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190074.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.4 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 92

Total downloads since Dec 16, 2022 : 92
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル シイタケ原木栽培における原木内菌糸成長過程のMRI計測  
カナ シイタケ ゲンボク サイバイ ニ オケル ゲンボクナイ キンシ セイチョウ カテイ ノ MRI ケイソク  
ローマ字 Shiitake genboku saibai ni okeru genbokunai kinshi seichō katei no MRI keisoku  
別タイトル
名前 MRI measurement of shiitake mushroom hypha growing in log  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小川, 邦康  
カナ オガワ, クニヤス  
ローマ字 Ogawa, Kuniyasu  
所属 慶應義塾大学理工学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
シイタケ栽培では、樹木を切って乾燥させた原木にシイタケ菌種を打ち込み、シイタケ菌糸を原木内に成長させる。菌糸が原木全体に広がるほど、栄養の吸収が促進され、良質なシイタケが収穫できる。現状のシイタケ栽培は農家の勘に頼った栽培が行われており、生産量のばらつきが大きい。勘に頼る理由は、原木内での菌糸の成長状態を把握する計測手法がなく、良質なシイタケを生育させる原木の内部状況が定量的に把握できないためである。そこで、本研究では、原木内の菌糸の空間分布をMRI で計測し、水分状態と菌糸分布を定量的に評価することを目的とする。
原木としてコナラ(石川県産)を用いた。切断した原木の寸法は直径が48 mm、長さが110 mm、室温乾燥時の質量が 216.15 g、含水量βが11 .6 %であった。原木の片側端面から2日間に渡って吸水させた。その面にシイタケ菌(森産業XR1)を2.5 gだけ植菌した。原木を恒温槽(21℃、湿度70%)に入れてシイタケ菌を育成した。約一週間ごとに給水し、4日間隔で約2か月間に渡りMRI計測をした。
MRI計測は1 T 110 mm Air-Gapの永久磁石で構成される自作マルチスライス用計測装置を用いた。MR画像は単純スピンエコー法によるマルチスライスシーケンスを用いて計測した。繰り返し時間TRは1500 ms、エコー時間TEは18 ms、画素数は256×128 pixels、空間分解能は0.34 mm×0.68 mm、スライス厚さは3.8 mmとした。T1緩和時定数はTRを変えてT1強調画像を得ることで算出した。
原木内にシイタケ菌を成長させ、原木内のMR画像を取得した。シイタケ菌糸のT1緩和時定数は原木内の水よりも長いためにシイタケ菌糸と水を区別することが可能であることが分かった。これを基にしてT1緩和時定数の空間分布からシイタケ菌糸の空間分布を得ることができた。
In shiitake mushroom cultivation, the inoculated shiitake mushroom mycelium is grown in a log. As the mycelium spreads over the entire log, good quality shiitake can be harvested because the mycelium absorbs more nutrients. Currently, shiitake mushroom cultivation relies on the intuition of farmers, so that the amount of shiitake mushrooms varies greatly. If there is a method for measuring the growth state of mycelia in a log, a farmer can adjust the environment for growing good quality shiitake mushrooms, and as a result, the production of shiitake mushrooms will increase. The purpose of this study is to measure the spatial distribution of hyphae in the log by MRI and quantitatively evaluate the water status and hyphae distribution.
Quercus serrata (produced in Ishikawa Prefecture) was used as log. The dimensions of the log were 48 mm in diameter, 110 mm in length, 216.15 g in mass when dried at room temperature, and 11.6% in water content. Water was absorbed from one end of the log for two days. The surface was inoculated with Shiitake mushroom (Mori Sangyo XR1) in an amount of 2.5 g. Logs were placed in a constant temperature room (temperature 21%, humidity 70%) to grow Shiitake mushrooms. Water was supplied about once a week, and MRI measurement was performed for about two months at four-day intervals.
For the MRI measurement, an apparatus composed of a 1 T 110 mm Air-Gap permanent magnet was used. MR images were measured using a multi-slice sequence by the simple spin echo method. The repetition time TR was set to 1500 ms, the echo time TE was set to 18 ms, the number of pixels was set to 256 × 128 pixels, the spatial resolution was set to 0.34 mm × 0.68 mm, and the slice thickness was set to 3.8 mm. The T1 relaxation time constant of water was calculated by changing TR and obtaining a T1-weighted image.
Shiitake mushrooms were grown in the log and MR images of the log were acquired. The T1 relaxation time constant of Shiitake mushroom mycelium was longer than the water in the log, indicating that it was possible to distinguish Shiitake mushroom hypha from water. Based on this, the spatial distribution of shiitake mushroom mycelium was obtained from the spatial distribution of the T1 relaxation time constant.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:40:04  
作成日
Dec 16, 2022 10:40:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (487) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (424)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (400)
5位 M&Aにおける... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 新参ファンと古参... (313) 1st
2位 日本における美容... (313)
3位 興味が引き起こさ... (259)
4位 新自由主義に抗す... (253)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (229)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース