慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190068  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190068.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.6 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 74

Total downloads since Dec 16, 2022 : 74
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 太鼓でつなぐ「アフリカ」の記憶 : サンテリーア儀礼太鼓奏者のライフストーリー  
カナ タイコ デ ツナグ「アフリカ」ノ キオク : サンテリーア ギレイ ダイコ ソウシャ ノ ライフストーリー  
ローマ字 Taiko de tsunagu "Afurika" no kioku : Santerīa girei daiko sōsha no raifusutōrī  
別タイトル
名前 Memories of Africa embodied in the drums : a lifestory of a Santería ritual drum player  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 工藤, 多香子  
カナ クドウ, タカコ  
ローマ字 Kudo, Takako  
所属 慶應義塾大学経済学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は2017年度に申請した同タイトルの研究の継続である。2017年から、毎年3月に約3週間キューバに滞在し、キューバに伝わるアフリカ系宗教であるサンテリーアの儀礼太鼓奏者に聞き取り調査を実施してきた。調査の主な関心は、キューバ革命前の細民街に暮らす民衆の生活史と、革命後の文化・宗教政策による民衆生活の変化である。前年度までの研究は2018年11月20-23日にハバナ市で実施されたキューバ人類学会総会で口頭発表した。
2019年度はこれまでの研究成果の発表の準備に多くの時間を費やすとともに、発表前の補完的な調査と次の研究へと発展させるための準備を行った。5月22-24日にやはりハバナ市で実施された、キューバ人類学研究所主催アフロキューバ宗教研究コロキアムに参加し、本研究成果の一部として "El relato de vida de un Omo Añá: Un paso para la historia social de practicantes de la religión Yoruba."を口頭発表した(私費による出張)。
2019年3月の調査(私費)で実施したインタビューは約15時間にのぼる。そのなかで重要性の高いインタビューを8時間分選択し、転写作業を日本に住むキューバ人大学院生に依頼した(謝金)。夏はこれまでの調査資料をもとに日本語論文「マフェレフン、フィデル!―あるサンテリーア儀礼太鼓奏者が生きたキューバ革命」を執筆(未刊行)。現在スペイン語で公刊する準備を進めている。
2020年3月3-21日に再度キューバで調査を実施し(国外旅費)、先の論文を調査対象者に事前チェックしてもらい、意見交換。さらにキューバ文学言語学研究所にある、アフロキューバ文化研究の創始者である民俗学者フェルナンド・オルティスのアーカイヴで補完的な文献資料の調査を実施した。また、キューバ人類学研究所の研究者たちと意見交換し、今後さらに発展した研究をするための調査計画等について話し合った。
This study is a continuation of a study of the same title applied for in 2017. Since 2017, I have been in Cuba for about three weeks each March, interviewing ritual drummers of Santería, an Afocuban religion in Cuba. The main interest of the research is the life history of the people who lived in a marginal barrio before the Cuban Revolution and to analyze the changes in their life brought about by the cultural and religious policies of the Revolutionary Government. I presented a paper based on the previous year's research at the XIV Conferencia Internacional de Antropología organized by Instituto Cubano de Antropología in Havana, Nov. 20-23, 2018.

In 2019, I spent a lot of time preparing for the presentation of the results of my research, as well as doing complementary investigations. I participated in the X Coloquio Internacional sobre Investigaciones de las Religiones Afrocubanas organized by the Instituto Cubano de Antropología, which took place in Havana on May 22-24, where I presented a paper "El relato de vida de un Omo Añá: Un paso para la historia social de practicantes de la religión Yoruba." as part of the results of this research.

Approximately 15 hours of interviews were conducted during the March 2019 research. I selected eight hours of interviews that were of great importance and asked a Cuban graduate student living in Japan to transcribe them. This summer, based on previous research materials, I finished a paper "Maferefún, Fidel! - The Cuban Revolution as Lived by a Santería Ritual Drum Player" in Japanese. It is currently being prepared for publication in Spanish.

I conducted the research again in Cuba on March 3-21, 2020 . During this research trip I asked the interviewees to pre-check my paper and exchanged opinions with them. I also visited the Instituto Cubano de Literatura y Lingüística and conducted the archival research of the fieldnotes of the folklorist Fernando Ortiz, the pioneer of Afro-Cuban studies. I also exchanged the opinions with the related researchers at the Instituto Cubano de Antropología and discussed plans for further research in the future.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:40:03  
作成日
Dec 16, 2022 10:40:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース