慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190014  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190014.pdf
Type :application/pdf Download
Size :132.4 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 61

Total downloads since Dec 16, 2022 : 61
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ドイツ・ロマン派時代の未来像  
カナ ドイツ・ロマンハ ジダイ ノ ミライゾウ  
ローマ字 Doitsu romanha jidai no miraizō  
別タイトル
名前 Future visions of the German romanticism  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 識名, 章喜  
カナ シキナ, アキヨシ  
ローマ字 Shikina, Akiyoshi  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では19世紀初頭のドイツ文学における未来のイメージを、最近再発見され出版された資料を基に、とりわけドイツ・ロマン派の勃興と関連付けて考察した。一般にドイツ・ロマン派は反啓蒙・中世の再発見という点で一見未来志向とは無縁の運動のように見えるが、ロマン派の作家グループにおいて例外的に架空の未来像を書いた作家がいたことが確認された。ドイツ・ロマン派の詩人・作家の過去回帰はしばしば、後ろ向きの、反進歩・保守的な姿勢と結びつけられてきたが、フランス革命の影響やナポレオンによる占領、対ナポレオン解放戦争という政治的変動のなかで、民主的な共和制の統一ドイツを求めるナショナリズムを唱えるグループもあった。これがドイツの保守主義もしくは右翼の源流になるが、その著作の多くは思弁的なドイツ主義、排外主義のイデオロギーであり、フィヒテの『封鎖商業国家』論以外、文学面で架空のユートピアを提示するまでには至っていなかった。
一方ロマン派時代の娯楽小説家の作品に数少ない事例ながら、実現しない空想の政体をユートピア物語に託した小説があった。18世紀に流行した「君主の鑑」の未来版とも言えるような作品である。軍事技術のアイデアが目立つのは、まさに戦争に翻弄された時代相を反映しており、なかでも大砲や気球を発展させたものが興味深い。また共和政体を志向する作品ではないもののユーリウス・フォン・フォスの『イニ』(1810年)では、神聖ローマ帝国に代わりゲルマーニア帝国というドイツ語圏諸侯を統一する皇帝の存在が前景化され、後の王政復古時代の政治的な動きに呼応する着想も生まれている。
本研究では未来像の中の復古というロマン派の時代の矛盾する文学上の現象を記述する試みの端緒を開くことができた。
In my research, the visions of the future at the beginning of the 19th century in German literature were considered due to the newly discovered materials in relation to the rise of German romanticism. In general, the "German Romanticism" seems to be far from the future-oriented direction, it positioned itself against the Enlightenment and rediscovered the Middle Ages. Exceptionally, there were some of those romantic poets and writers who showed daring images of the future. The return of German romanticism to the past is linked to its backward, anti-progressive and conservative attitude. With the political turmoil of the French Revolution, the French occupation and the war of liberation against Napoleon, the nationalist romantics longed for the dream of a united republican and democratic Germany. This movement gave rise to German conservatism, the ideology of which led to Germanism and xenophobia. Fichte's idea of "the closed commercial state" is only one example of the romantic-conservative drafts of utopias.
There were a few romantic entertainers who wrote the never-to-be-fulfilled political utopian story, which was designed in the pattern of the "prince's mirror" in the 18th century. The novel "Ini" (1810) by Julius von Voß represents a pioneering work in the German SF. Here one finds curious contradictions or restored conservative visions of the future.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:23  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (490) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (401)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (394)
4位 認知文法から考え... (379)
5位 M&Aにおける... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (398) 1st
2位 新参ファンと古参... (323)
3位 日本における美容... (281)
4位 新自由主義に抗す... (238)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (232)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース