慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000006-20180395  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000006-20180395.pdf
Type :application/pdf Download
Size :133.5 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 252

Total downloads since Oct 24, 2022 : 252
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル <グローバル化>と社会統合に揺れるフランスにおける立憲主義の展開  
カナ <グローバルカ>ト シャカイ トウゴウ ニ ユレル フランス ニ オケル リッケン シュギ ノ テンカイ  
ローマ字 "Gurōbaruka" to shakai tōgō ni yureru Furansu ni okeru rikken shugi no tenkai  
別タイトル
名前 Development of French constitutionalism facing "globalization" and social integration  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 磯部, 哲  
カナ イソベ, テツ  
ローマ字 Isobe, Tetsu  
所属 慶應義塾大学大学院法務研究科 (法科大学院) 教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は,「<グローバル化>と社会統合に揺れるフランスにおける立憲主義の展開」に焦点を当て,このテーマに関して,理論的検討,歴史的検討,立憲主義の現代的展開の検討,という三つの視角から複眼的に光を当てて,研究課題を追求していった。具体的には,研究会を開催し,以下の報告に基づいて討論を行った。
【理論的検討】としては,以下の通りである。
1.小川亮(早稲田大学・院)「『法の科学』の瓦解に逆照射される日本の学説――ミシェル・トロペールのメタ理論の変遷とその影響」
2.Gaël Besson(エックス=マルセイユ大学・法学博士)「司法消極主義のアプローチ」
3.Simon Serverin(神奈川大学)「樋口陽一とデュルケームにおける個人の像とそれを比較する意味―個人と共和主義を繋ぐ『道徳』を手掛かりに」
4.大野悠介(慶應義塾大学)「国家は『人』としてのみ実在するか」
5.春山習(早稲田大学)「フランス公法学と国家理論」
【歴史的検討】としては,以下の通りである。
1.三上佳佑(南山大学)「大革命初期におけるフランス大臣責任制の形成と展開」
2.田中美里(一橋大学・院)「『フランス共和主義』と『デモ』の受容可能性」
【立憲主義の現代的展開の検討】としては,以下の通りである。
1.申惠丰(青山学院大学)「フランスの裁判所による条約適合性審査(contrôle de conventionnalité)」
2.伊藤洋一(東京大学)「フランス憲法院の対『欧州統合』判例政策」
3.三上佳佑(南山大学)「フランス第五共和制と憲法院」
4.井上武史(九州大学)「憲法院への市民社会からのアクセス」
5.曽我部真裕(京都大学)「フランスにおける公共放送の役割と課題」
6.堀口悟郎(九州産業大学)「フランスの大学における専門職能自治とその揺らぎ」
7.ギヨーム・ルセ(リヨン第3大学)「フランス生命倫理法―2018年改正をめぐって」
以上の研究を通じて解明し得たことは,①フランス立憲主義の理論的基礎は今後検討すべき課題が多いこと,②歴史的にはフランス共和主義の重要性が強調されるべきこと,③現代的展開としては,国家と市民社会をめぐる憲法的規律のあり方が究明されるべきこと,である。
This research project focused on France, a country that faces a series of serious problems resulting from globalization and difficulties relating to social integration. We adopted a theoretical approach, historical approach, and a case-based approach in relation to the development of contemporary French constitutionalism to analyze our themes.
Specifically, with respect to the theoretical approach, we held discussions on 5 papers as follows:
1. "Japanese legal doctrine and "science of law"" (Ryo Ogawa, The University of Tokyo)
2. "On judicial prudence" (Gaël Besson, Aix Marseille University)
3. "Comparison of notion of "Individual" between Emile Durkheim and Yoichi Higuchi (Simon Serverin, Kanagawa University)
4. "Does the state exist only as "person"" (Yusuke Ono, Keio University)
5. "French public law and the state" (Shu Haruyama)

In relation to the historical approach, we had discussions on 2 papers as follows:
1. "Formation and development of ministerial responsibility in the early period of the French revolution" (Keisuke Mikami, Nanzan University)
2. "French republicanism and "Demonstration"" (Misato Tanaka, Hitotsubashi University)

For the case-based approach, we had discussions on 7 papers as follows:
1. "Judicial review of treaties by French courts" (Shin Hae Bong, Aoyama Gakuin University)
2. "Judicial policy towards "European Integration" of the Constitutional Council" (Yoichi Ito, The University of Tokyo)
3. "French 5th Republic and Constitutional Council" (Keisuke Mikami, Nanzan University)
4. "Access from civil society to Constitutional Council" (Takeshi Inoue, Kyushu University)
5. "Role and problems of Public broadcast in France" (Masahiro Sogabe)
6. "Autonomy of experts in French university" (Goro Horiguchi, Kyushu Sangyo University)
7. "French bioethics law" (Guillaume Rousset, Lyon III University)

Through the papers and the discussions that followed, we verified that: (1) With respect to the theoretical foundation of French constitutionalism, there are still many problems to be clarified; (2) Historically, the importance of French republicanism should be emphasized; and (3) For contemporary development, constitutional regulations on relations between state and civil society should be examined carefully.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:38:05  
作成日
Oct 24, 2022 13:38:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (502) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (392)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (379)
4位 認知文法から考え... (362)
5位 M&Aにおける... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 医療用呼吸温湿度... (723) 1st
2位 A study on the s... (391)
3位 新参ファンと古参... (360)
4位 新自由主義に抗す... (264)
5位 日本における美容... (248)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース