慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000006-20180392  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000006-20180392.pdf
Type :application/pdf Download
Size :129.8 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 116

Total downloads since Oct 24, 2022 : 116
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル グローバルな課題としてのラテンアメリカ人権問題 : メキシコ麻薬戦争を中心に  
カナ グローバルナ カダイ トシテノ ラテンアメリカ ジンケン モンダイ : メキシコ マヤク センソウ オ チュウシン ニ  
ローマ字 Gurōbaruna kadai toshiteno Raten Amerika jinken mondai : Mekishiko mayaku sensō o chūshin ni  
別タイトル
名前 The human rights in Latin America as a global issue  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 工藤, 多香子  
カナ クドウ, タカコ  
ローマ字 Kudo, Takako  
所属 慶應義塾大学経済学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本共同研究の第一の目標は、現在進行中であるメキシコ麻薬戦争の実情を少しでも多くの日本人に知ってもらう機会をもうけることだった。そしてこの状況を単なる麻薬組織の犯罪としてではなく、国家機関の不関与・無関心によって助長された人権問題としてとらえなおすことだった。この目的のために、テーマに関連する映画上映会と講演会を一般公開で実施した。
上映会は8月20日(月)に三田キャンパス北館ホールで実施。メキシコ麻薬戦争に巻き込まれた行方不明者家族の捜索活動を描いた、アリシア・カルデロン監督のドキュメンタリー映画『ある捜索の記録』を上映した。参加者は約30名ほどだったが、上映後の質疑応答では熱心な質問・意見があり、来場者の関心の高さが際立っていた。上映会に先立ち、7月18日に研究会を開催し、同映画の字幕を合同で監修したと同時に、山本が映画の背景となるメキシコ麻薬戦争について詳細を報告した。さらに、主にアルゼンチン(出岡)やチリ(安井)における行方不明者家族の活動との比較という視点から議論した。また、アメリカ合衆国とラテンアメリカ各国との政治的関係についても議論された。
8月30日にはメキシコ・ベラクルスを中心に活動する、行方不明者家族の会ソレシートの代表ルシア・ディアスさんを招き、「国連強制失踪者デーに考えるメキシコの現状」と題する講演会を北館ホールで実施した。講演会ではまず、山本がメキシコでの家族による捜索活動を自ら取材したビデオを上映しながら、問題の背景を解説し、その後ディアスさんに講演していただいた。約50名が来場し、講演後にはきわめて活発な質疑応答がなされた。講演会終了後、ディアスさんと研究会メンバーとで意見交換の場を設けた。
なお、講演会のようすはすべて録画し、9月に日吉キャンパスで新入生歓迎行事の一環として開催された、関連テーマの「記憶の足跡」展の会場で常時上映した。
上映会も講演会も夏季休暇期間だったため、学生の数が少なかったのは残念だった。
The primary goal of this research was to provide an opportunity for as many Japanese people to understand the current situation of the Mexican drug war. For this purpose, the film screening and lecture related to the theme were held in public.

The screening was held at the Mita Campus on August 20. We screened Alicia Calderon's documentary movie, "Retratos de una búsqueda." There were about 30 participants. After the screening, there were enthusiastic questions and opinions.

The lecture of Lucía Díaz, representative of Solecito, a group of Mexicans who search their missing family, was held on August 30. Before her lecture Prof. Yamamoto gave a presentation on the background of the problem. About 50 people attended and very active questions and answers were made after the lecture.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:38:04  
作成日
Oct 24, 2022 13:38:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1674) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (432)
3位 石垣島の「エコツ... (403)
4位 新自由主義に抗す... (369)
5位 In-vivo kinemati... (249)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1049) 1st
2位 インフルエンサー... (504)
3位 酢酸エステル類の... (468)
4位 興味が引き起こさ... (425)
5位 刑法における因果... (423)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース