慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180351  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180351.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.6 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 74

Total downloads since Oct 24, 2022 : 74
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 発生期大脳皮質における抑制性神経細胞の分化制御機構  
カナ ハッセイキ ダイノウ ヒシツ ニ オケル ヨクセイセイ シンケイ サイボウ ノ ブンカ セイギョ キコウ  
ローマ字 Hasseiki dainō hishitsu ni okeru yokuseisei shinkei saibō no bunka seigyo kikō  
別タイトル
名前 Regulatory mechanism for the differentiation of inhibitory neurons during mouse cortical development  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 林, 周宏  
カナ ハヤシ, カネヒロ  
ローマ字 Hayashi, Kanehiro  
所属 慶應義塾大学医学部基礎教室専任講師 (有期・医学部)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
大脳皮質は興奮性神経細胞と抑制性神経細胞がバランスよく配置され活動することにより、その高次機能を可能としている。一方、そのバランスの不均衡は、てんかんや精神疾患に繋がることが示唆されている。抑制性神経細胞は20種以上のサブタイプが存在するが、大部分が基底核原基で誕生し、大脳皮質内に移動する。そして、抑制性神経細胞の分化制御機構の多くは未だ不明である。以前、申請者らは抑制性神経細胞を分化誘導する因子として分泌性因子Xを同定し、初代培養神経細胞において、実際に分子Xが抑制性神経細胞の分化に影響を与えることを確認していた。本研究では、「発生期の大脳皮質内で、分子Xがどのように抑制性神経前駆細胞を分化制御するか」を明らかにすることを目的として行った。
始めに、分子Xおよびその受容体(X受容体)の発現領域、発現時期をマウス胎仔大脳皮質を用いたin situ hybridizationにより解析した。その結果、分子Xは少なくともマウス胎生10日目より、脈絡叢より分泌されていることが分かった。また、X受容体は抑制性神経前駆細胞が基底核原基にいる時期より発現していることを明らかにした。この結果は、分子Xによる抑制性神経細胞の分化制御は抑制性神経前駆細胞誕生時期より行われている可能性を示唆している。
次に、X受容体を抑制性神経細胞特異的に欠損させたコンディショナルノックアウトマウスを用いて、抑制性神経細胞の各サブタイプの割合を解析し、野生型と比較検討した。その結果、大脳皮質前頭前野で抑制性神経細胞のサブタイプの割合が変化しているのが確認された。この結果は、分子Xがin vivoでも抑制性神経細胞の分化制御に関与していることを示唆している。
今後は、分子Xによる抑制性神経細胞分化制御の分子メカニズムを解明していくことを目指す。
Balances of position and activity between excitatory and inhibitory neurons in the mammalian cortex enable higher brain functions. Conversely, it is suggested that the imbalance between these neurons may cause epilepsy and some mental diseases. Inhibitory neuron possesses over 20 kinds of subtypes and most of these neurons are born in the medial or lateral ganglionic eminences and migrate into the cortical plate. To date, the regulatory mechanism for the differentiation of inhibitory neurons are largely unknown. Previously, we identified the secreted factor X induces the differentiation of progenitor cells of inhibitory neurons on the primary cultured system. In this study, we aimed to clarify how the molecule X regulates the differentiation of progenitor cells of inhibitory neurons.
In order to analyze the expression profile of the molecule X and its receptor (X receptor), in situ hybridization was performed by using mouse embryonic forebrain. The molecule X was expressed at lease at embryonic 10 days from the choroid plexus. On the other hand, the X receptor was expressed in the progenitor cells of inhibitory neurons in the medial ganglionic eminence. This result suggests the possibility that the molecule X may affects the differentiation of inhibitory neurons around the day when these neurons are born.
Next, the X receptor conditional knockout mouse was utilized. The populations of each subtype of inhibitory neurons in the cortex of the knockout mouse was counted and compared with those of wild-type mouse. The proportions of each subtype of inhibitory neurons were altered in the prefrontal cortex of the knockout mouse. The result suggests that the molecule X is involved in the regulation of differentiation of inhibitory neurons in vivo.
In the future, we will clarify the molecular mechanism to regulate the differentiation of inhibitory neurons by the molecule X.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:37:59  
作成日
Oct 24, 2022 13:37:59  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース