慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180340  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180340.pdf
Type :application/pdf Download
Size :116.9 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 78

Total downloads since Oct 24, 2022 : 78
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 慢性腎臓病におけるヒストンアセチル化酵素を介したエピゲノム調節機構  
カナ マンセイ ジンゾウビョウ ニ オケル ヒストン アセチルカ コウソ オ カイシタ エピゲノム チョウセツ キコウ  
ローマ字 Mansei jinzōbyō ni okeru hisuton asechiruka kōso o kaishita epigenomu chōsetsu kikō  
別タイトル
名前 Investigation of epigenetic regulation through histone acetyltransferases in chronic kidney disease  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 林, 香  
カナ ハヤシ, カオリ  
ローマ字 Hayashi, Kaori  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室助教 (有期・医学部)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本年度は、腎臓におけるヒストンアセチル化を介したエピゲノム制御機構に関する研究の3年計画の最終年度であった。まず糸球体上皮細胞(ポドサイト)におけるヒストンアセチル化酵素KAT5の役割に関して、(1)KAT5を介したDNA損傷修復はポドサイト維持に必須であり、(2)糖尿病性腎症におけるポドサイト障害、尿蛋白に、ポドサイトKAT5低下によるDNA損傷低下が関与していることを報告した。さらに(3)KAT5を介したDNA損傷修復がDNAメチル化変化形成に関連している可能性を示した(Hishikawa A, Hayashi K (corresponding author), et al. Cell Reports, 2019)。本研究によりDNA損傷修復環境がDNAメチル化というエピゲノム変化形成に関連する可能性があるという興味深い結果を得ることができた。
次に、DNA損傷修復機構は細胞特異性が高いことから、KAT5を介したDNA損傷修復の腎臓血管内皮細胞における役割に注目して検討を行った。血管内皮細胞特異的KAT5ノックアウト(KO)マウス(VE cadherin-Cre KAT5 fl/fl)を作成したところ、ポドサイト特異的KAT5KOマウスがネフローゼ症候群、腎不全を呈して6週齢前後で死亡したのに対して、血管内皮細胞特異的KOマウスは全く腎表現型の変化を認めなかった。高食塩負荷によるDNA損傷の既報に基づき、同マウスに高食塩負荷を行ったが、予想に反して尿アルブミンや腎組織所見に有意差は認めなかった。従って、血管内皮細胞にKAT5は発現しているものの、ポドサイトとは異なり、高食塩負荷によるDNA損傷修復においては主要な役割を果たしていない可能性が考えられた。
This is the last year of the research grant regarding 'investigation of epigenetic regulation through histone acetyltransferases in chronic kidney disease'. First, we have examined about a role of histone acetyltransferase KAT5 in glomerular podocytes. We have reported that KAT5-mediated DNA damage repair is essential for podocyte maintenance and that decreased KAT5 expression impairs DNA repair and altered DNA methylation in diabetic nephropathy podocytes (Hishikawa A, Hayashi K (corresponding author), et al. Cell Reports, 2019). These results provide an interesting concept that an environment of DNA damage repair may affect epigenetic changes such as DNA methylation in in vivo models.
Next, we generated endothelial cell-specific KAT5 knockout (KO) mice (VE cadherin-Cre KAT5 fl/fl) to examine a possible role of KAT5-mediated DNA damage repair in endothelial cells. Different from the phenotype of podocyte-specific KAT5 KO mice, which showed large amount of proteinuria, endothelial cell-specific KAT5 KO mice showed no significant phenotypical changes in the kidney. Based on previous reports that high salt may cause DNA damage, we treated the endothelial KAT5 KO mice and wild type controls with high salt diet. Unexpectedly, no significant changes were observed in renal phenotypes of the KO mice compared to controls, suggesting that KAT5 may not be an essential DNA repair factor in endothelial cells with high salt-induced DNA damage.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:37:58  
作成日
Oct 24, 2022 13:37:58  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース