慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180324  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180324.pdf
Type :application/pdf Download
Size :118.7 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 97

Total downloads since Oct 24, 2022 : 97
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ドラッグ・リポジショニングを用いた、筋層非浸潤性膀胱癌に対する新規膀胱内注入療法の開発  
カナ ドラッグ・リポジショニング オ モチイタ、キンソウ ヒシンジュンセイ ボウコウガン ニ タイスル シンキ ボウコウナイ チュウニュウ リョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Doraggu ripojishoningu o mochiita, kinsō hishinjunsei bōkōgan ni taisuru shinki bōkōnai chūnyū ryōhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Developing the new intravesical therapy against the non muscle invasive bladder cancer, employing the drug repositioning techniques  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松本, 一宏  
カナ マツモト, カズヒロ  
ローマ字 Matsumoto, Kazuhiro  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室助教 (有期・医学部)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
PDE5阻害薬であるTadalafilは、実臨床にて前立腺肥大症による排尿障害改善薬、勃起不全改善薬、肺高血圧治療薬として使用されている。現在、筋層非浸潤性膀胱癌においてスタンダードな抗癌剤膀胱内注入療法とTadalafilを組み合わせることにより、より強力な抗腫瘍効果を発揮し実臨床へと橋渡しすることを目的として本研究を遂行している。1)膀胱癌細胞株3種(T24、5637、UMUC-3)とマウス膀胱癌細胞株1種(MBT2)を用い、通常臨床にてTadalafil投与時の血中濃度とほぼ同量(100μg/mL)をMitomycin C(1μg/mL)に付加し、その相乗効果をWST assayにて確認した。その結果、すべての細胞株においてMitomycin CとTadalafilとの相乗効果をin vitroにて確認した。2) Preliminaryに行ったTadalafil投与前後の膀胱癌細胞株を用いたmRNAマイクロアレイ解析により、抗腫瘍メカニズムの候補として挙がった酸化ストレス調整に着目し解析を行った。その結果Mitomycin CとTadalafil併用群において特にPDE5活性の低下を認め、それに伴いcGMP濃度の上昇を確認した。また併用群においてSOD活性および酸化型/還元型グルタチオン比が大きく変動しており、酸化ストレスが抗腫瘍効果に関与している可能性が示唆された。3) マウス膀胱癌同所性モデルを用いた、Mitomycin C(4日に1回50μg膀注)とTadalafil(毎日20μg腹腔内投与)との併用療法をin vivoに検討した。Day30に膀胱を摘出し腫瘍サイズを確認した。Mitomycin CとTadalafilとを併用することにより、膀胱腫瘍サイズの低下を認めた。また併用群ではMitomycin C投与単独群に比べ、膀胱容量が維持されている傾向を認めた。
PDE5 inhibitor Tadalafil is the medicine for urinary difficulty with prostatic hyperplasia, erectile dysfunction, and pulmonary hypertension in clinical practice. The aim of this study is to strengthen the antitumor effect against non muscle invasive bladder cancer by combining the standard intravesical chemotherapy and Tadalafil. 1) We performed WST assay to examine the antitumor effect in three bladder cancer cell lines (T24, 5637, UMUC-3), and one mouse cell line (MBT-2), combining Tadalafil (100μg/mL, normal serum density in clinical use) and Mitomycin C(1μg/mL). Then we confirmed the synergistic effect in all four cell lines. 2) Preliminary, we had found that oxidative stress could be one of the antitumor mechanisms by mRNA microarray analyses, comparing before and after adding Tadalafil. Therefore, we examined the oxidative stress markers. We confirmed that PDE5 activity is suppressed, and cGMP density increased by the combination treatment. Furthermore, SOD activity and ratio of oxidized/reduced glutathione dramatically changed by the combination treatment. 3) We examined the antitumor effect in vivo, administering 50μg Mitomycin intravesically and 20μg Tadalafil intraperitoneally to the orthotopic bladder cancer model. Then, we confirmed the reduction of tumor size in the combination group. We also found the tendency that bladder capacity is maintained in the combination group, compared to the Mitomycin C monotherapy group.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:37:56  
作成日
Oct 24, 2022 13:37:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (490) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (362)
3位 慶應義塾図書館史... (354)
4位 M&Aにおける... (345)
5位 認知文法から考え... (334)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 医療用呼吸温湿度... (724) 1st
2位 A study on the s... (390)
3位 新参ファンと古参... (366)
4位 新自由主義に抗す... (254)
5位 日本における美容... (228)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース