慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180257  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180257.pdf
Type :application/pdf Download
Size :112.1 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 65

Total downloads since Oct 24, 2022 : 65
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 言語学的言語哲学についての国際共同基礎研究  
カナ ゲンゴガクテキ ゲンゴ テツガク ニ ツイテ ノ コクサイ キョウドウ キソ ケンキュウ  
ローマ字 Gengogakuteki gengo tetsugaku ni tsuite no kokusai kyōdō kiso kenkyū  
別タイトル
名前 International cooperation study on the linguistic philosophy of language  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田中, 愼  
カナ タナカ, シン  
ローマ字 Tanaka, Shin  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
研究代表者は,本助成金を用いて,言語学的言語哲学の国際共同研究を,ミュンヘン大学ライス教授,ウィーン大学アブラハム教授らと研究を行った。研究の概要は以下のとおりである。

・ライス教授,アブラハム教授とともに2018年8月に行われたヨーロッパ言語学会(エストニア,タリン)で共同でワークショップ「Thetic and categorical judgment」を開催した。このテーマは,本研究の課題である「言語学的言語哲学」の展開の1つの方向性を扱ったものであった。

・2018年10月26日に行われた,オーストリア言語学会にて,「Eine an Universalität orientierte Textgrammatik: Satzaufbauprinzipien aufgrund der Thetik-Kategorik-Distinktion」(普遍性を志向するテクスト文法:単純判断と複合判断の区別に基づく文構成の原理)というテーマで研究発表を行った。この学会参加のための渡航費,滞在費は,本助成金で賄われるものであった。

・ライス教授,アブラハム教授とは,日独の共同研究の成果をまとめた論文集「Die Architektur von Thetik und Kategorik」をドイツのStauffenburg社から2019年度中に刊行する予定で編集を進めている。研究代表者は,編集の他,論文「‚Thetik/Kategorik' als funktionale Kategorie: Funktional-universale Satzstruktur」(機能的範疇としての単純判断と複合判断:機能的普遍的文構造について)を執筆している。

・本学文学研究科の担当ゼミナール「ドイツ語学研究I,II」において,ライス教授の著書である「言語学的言語哲学」を扱ったが,これについて院生と議論を重ねた。その議論に基づいて,2018年10月,2019年1月,2019年3月にライス教授と会合を持ち,議論を行った。この成果は,研究代表者が進めている同書の翻訳(ひつじ書房から,2020年初めの出版を予定)に生かされる予定である。
Tanaka (principal investigator of this research grant) carried out an international cooperation study on the linguistic philosophy of language with Prof. Leiss (LMU Munich) and Prof. Abraham (Univ. Vienna). The research activities of this year can be summarized as follows:

- Tanaka held a international workshop on "Thetic and categorical judgment" with Prof. Leiss, Prof. Abraham and other scholars at the annual meeting of Societas Linguistica Europaea (August 2019, Tallinn (Estonia)). The theme of the workshop dealt with an aspect of the linguistic philosophy of language, our research theme.

- Tanaka gave a lecture "Eine an Universalität orientierte Textgrammatik: Satzaufbauprinzipien aufgrund der Thetik-Kategorik-Distinktionat" at the annual meeting of austrian society for linguistics (26. October 2018, Innsbruck (Austria)). The costs for travel and stay for the meeting was covered by this grant.

- Tanaka was now preparing research proceedings for our Japanese-German cooperation study on the linguistic philosophy of language "Die Architektur von Thetik und Kategorik", which should be published in this fiscal year from Stauffeburg Verlag. Tanaka as a coeditor gives a contribution with a paper "Thetik/Kategorik' als funktionale Kategorie: Funktional-universale Satzstruktur".

- Tanaka dealt with "Linguistische Sprachphilosophie" by Prof. Leiss in a seminar at the graduate school of Keio University and had a lot of discussions with the participating students. Following this discussions, Tanaka had meetings on it with Prof. Leiss (October 2018, January and March 2019). The results will reflect in the translation of Leiss' book, which is now prepared to be published in the beginning of next year (Hitsuji-Shobou).
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:38:12  
作成日
Oct 24, 2022 13:38:12  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース