慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180248  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180248.pdf
Type :application/pdf Download
Size :121.4 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 142

Total downloads since Oct 24, 2022 : 142
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル クリスマスの「伝統」を例に見る戦後オーストリアの郷土文学と国民意識  
カナ クリスマス ノ「デントウ」オ レイ ニ ミル センゴ オーストリア ノ キョウド ブンガク ト コクミン イシキ  
ローマ字 Kurisumasu no "dentō" o rei ni miru sengo Ōsutoria no kyōdo bungaku to kokumin ishiki  
別タイトル
名前 The Heimatliteratur and the national consciousness of Austria with the example of the "tradition" of Christmas  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 杉山, 有紀子  
カナ スギヤマ, ユキコ  
ローマ字 Sugiyama, Yukiko  
所属 慶應義塾大学理工学部助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
郷土作家カール・ハインリヒ・ヴァッガールのクリスマスに関するテクスト、とりわけ「一年で最も静かな時」Das ist die stillste Zeit im Jahrを中心とした文献読解を進めた。本作は「変わらないもの」「繰り返されるもの」を主要モティーフとしており、アウストロ・ファシズム~ナチス時代の「不都合な過去」を超えて、現在を不変の過去へと接続しようとする意図が見て取れる。またヴァッガールが深く関与したザルツブルク待降節音楽祭が、同様に1945年までの過去を締め出す形で新たに文化的な「伝統」を作り出すことに寄与しており、そこにはナチス協力の過去を持つヴァッガール自身が新たな文学的地位を築くという個人的動機も背景にあったことが示された。
また2018年は聖歌Stille Nacht(きよしこの夜)の初演200年の記念の年であり、これを機にドイツ語圏で発行された多数の書籍について、主に歌の成立史が一般向けにどのように提示され、どのように意味付けられているかを分析した。また同年にはザルツブルクを中心に、上記待降節音楽祭を含め多くの記念イベント(演劇、特別展)が開催されたため、12月に現地でこれらの取材を行った。かつてに比べ、多くの展示や書籍が歌の成立をめぐる伝説やフィクションよりも、歴史的事実を尊重している一方、この歌を「平和の歌」として政治的意味を付与し、一定のイデオロギーの下に称揚する例も多くみられる。小さな村と名もなき作者というローカルな成立の文脈を起点として、それが全世界の「平和」の歌となったというインターナショナルな意味付けへと拡張される傾向が強く、それは戦後オーストリアが国際社会において「平和で文化的な国」を自認、演出してきたことと無関係ではない。以上の成果を現在論文としてまとめており、2019年秋までに発表する予定である。
In the research, texts by the Heimatdichter Karl Heinrich Waggerl about Christmas were analyzed, especially "This is the quietest time of the year". This has as its main motive "the unchanging" or "repeating," which implies Waggerl's intention to go beyond the "awkward" past and to connect the present with the unchanged past. Furthermore, the Salzburg Advent Singing, which Waggerl supported, helped to re-establish a cultural "tradition" by excluding the past until 1945. There was also the personal intention of Waggerl beheind, who was supported during the war by the Nazi government, to gain a new literary standpoint after the war.
The year 2018 was the jubilee of the Christmas carol "Silent Night, Holy Night". In the research, several books that appeared for the 200th year were analyzed to show how the birth of the song is discribed and how it is evaluated. This year there were also many events related to the song, especially in Salzburg, so I traveled there in December and visited some exhibitions and theaters. On the one hand, more historical reality is considered today than legend or fictional descriptions, but at the same time it often happens that the song is given political meaning as a "peace song" and ideologically praised. Starting from the regional context of the small village and the nameless authors, the song is interpreted at the end as something international, as a song of the "peace" for the whole world. This is related to the fact that Austria has tried to appeal itself in the international society after the war as a peaceful cultural nation.
These results will be published in an essay until autumn 2019.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:38:11  
作成日
Oct 24, 2022 13:38:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1674) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (432)
3位 石垣島の「エコツ... (403)
4位 新自由主義に抗す... (369)
5位 In-vivo kinemati... (249)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1049) 1st
2位 インフルエンサー... (504)
3位 酢酸エステル類の... (468)
4位 興味が引き起こさ... (425)
5位 刑法における因果... (423)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース