慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180214  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180214.pdf
Type :application/pdf Download
Size :124.3 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 94

Total downloads since Oct 24, 2022 : 94
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 企業におけるSDGsの実施と指標に関する研究  
カナ キギョウ ニ オケル SDGs ノ ジッシ ト シヒョウ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Kigyō ni okeru SDGs no jisshi to shihyō ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 A study on SDGs implementation and indicators in business  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 蟹江, 憲史  
カナ カニエ, ノリチカ  
ローマ字 Kanie, Norichika  
所属 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究活動の成果としては、第一に、共同研究賛同企業と共同研究実施体制を構築した点が挙げられる。2018年7月には、共同研究コンソーシアム「xSDGコンソーシアム」を設立、複数の共同研究プロジェクトも立ち上げ、開始させている。さらに、このxSDGコンソーシアムでは、プラスチック汚染分科会、金融プラットフォーム分科会、認証分科会を立ち上げ、本会議と並行して、産官学民の参加による会合を開催した。SDGsの統合的実施や、政策支援のあり方の検討、指標メカニズムの検討、SDGs白書等を議論した。
第二に、SDGs関連指標論議の取り組みとしては、静岡市や豊岡市の取り組みが挙げられる。静岡市では、「健康長寿のまちづくり」構想について取り組み、SDGsを活用して、政策点検を行なった上で、政策的に陥欠してる点や政策指標が対応していない箇所を明らかにした。そして、本構想を強化するための課題の特定や追加的行動についてまとめた。これについては、静岡市への提出とともに報告している。さらに、豊岡市については、「地方自治体政策検証豊岡市におけるジェンダー課題-SDGsに基づく地域課題の抽出–」と題した研究成果報告書の提出を行い、豊岡市ホームページを通じて公開している。新聞メディアにも取り上げられた。企業に対する指標の取り組みについては、今後の展開を検討している。
第三に、市民的理解や企業によるさらなる取り組みの促進のために、多数の講演を行った点が挙げられる。企業、自治体、教育機関、金融機関など多岐に及び、SDGsとは何か、SDGsの取り組みとして求められることは何か、等についての講演を行った。また、国際的な発信も行ない、Earth System Governance Utrecht Conference(オランダ)や、Sustainability Summit(イギリス)等でも研究成果を一部報告した。
As results for the research study, first, the implementation of a framework for collaborative research with supporting companies, can be given. In July 2018, the "xSDG Consortium" was set up, and other multiple collaborative researches are being conducted. Furthermore, the "xSDG Consortium" has set up sectoral groups; Sectoral group on financial assessment platform, Sectoral group on the plastic waste problem, Sectoral group on authentication. And has held government- industry-academia meetings, along with consortium annual reporting meetings and other consortium related outcomes. Discussions were made on SDGs integrated implementation, the role of policy support, index mechanisms, and the SDGs "white book". Some results can already be found in publications.
Second, in aim to establish new indexes to evaluate local governments through the SDGs, the collaborative research with Shizuoka City and Toyooka City can be given. The joint research with Shizuoka City involved policy reviews using the SDGs and realizing policy indicators, focusing on the framework of a "City of Health and Longevity". Points for further investigation to strengthen the framework were realized and summarized. Furthermore, with Toyooka City, an empirical study on public local policies, with a particular attention to the issues on gender equality and gender challenges, were conducted. The joint research was released on the Toyooka City homepage, and appeared in the newspaper. Indexes for company evaluation is being considered for further research.
Third, to achieve public understanding and for the promotion of business involvement, many lectures and speeches were given and presented. Lectures, on what the SDGs are, and what is being expected, were given to a broad range of stakeholders such as businesses, local governments, academic institutions, and financial organizations. This was done at an international level as well, at the Earth System Governance Utrecht Conference (Netherlands) and Sustainability Summit (England).
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:31  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:31  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (490) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (362)
3位 慶應義塾図書館史... (354)
4位 M&Aにおける... (345)
5位 認知文法から考え... (334)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 医療用呼吸温湿度... (724) 1st
2位 A study on the s... (390)
3位 新参ファンと古参... (366)
4位 新自由主義に抗す... (254)
5位 日本における美容... (228)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース