慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180187  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180187.pdf
Type :application/pdf Download
Size :113.1 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 85

Total downloads since Oct 24, 2022 : 85
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 水素結合の方向性が蛋白質2次構造形成に与える影響  
カナ スイソ ケツゴウ ノ ホウコウセイ ガ タンパクシツ 2ジ コウゾウ ケイセイ ニ アタエル エイキョウ  
ローマ字 Suiso ketsugō no hōkōsei ga tanpakushitsu 2ji kōzō keisei ni ataeru eikyō  
別タイトル
名前 Effects of hydrogen-bond directionality on stabilities of protein secondary structures  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 苙口, 友隆  
カナ オログチ, トモタカ  
ローマ字 Oroguchi, Tomotaka  
所属 慶應義塾大学理工学部専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は、生体分子の機能発揮機構において重要な相互作用である水素結合の方向性が、蛋白質構造において重要な構造要素である2次構造形成にどのような影響を与えるかを調べることである。昨年度までの研究において、研究代表者は、原子内の電荷分極を考慮しない従来の力場モデルを用いた分子動力学(MD)シミュレーションでは水素結合を正しく取り扱えないことを明らかにしてきた。昨年度は新たに、水素結合の取り扱い方に違いがある水モデルと蛋白質力場の組み合わせを数種類試し、蛋白質の二次構造安定性に違いがあるかを調べた。
力場テストに用いる蛋白質にはグルタミン酸脱水素酵素(GDH)を用いた。研究代表者は、これまで溶媒を露わに取り扱う全原子MDシミュレーションを用いた研究によって、GDHは溶液中において大きな機能的動きを行っており、その動きはGDHの水和状態に相関していることが明らかにしてきた。しかしながら、近年のクライオ電子顕微鏡観察により、MDシミュレーションにおいては一部壊れていた二次構造が実際の溶液中では安定であることが明らかになった。そこで、本研究では、比較的新しい蛋白質力場モデルであるCHARMM27・ff99SBildnnmr・ ff14SB・ ff15ipq・ff15FB等を、TIP3P・TIP4P・TIP3PFB等の幾つかの水分子力場モデルとの組み合わせにより、GDHの全原子MDシミュレーションを行い、二次構造安定性をクライオ電子顕微鏡観察の結果と比較した。その結果、水素結合の方向性を陰に考慮した力場モデルであるff15FBとTIP3PFBが最も実験結果を再現する組み合わせであるという知見を得た。
The object of this research is to reveal effects of hydrogen-bond (HB) directionality on stabilities of secondary structures, which are important structural elements for protein structures. In the studies so far, we have revealed that the force fields, which approximate an atomic charge distribution as a point charge, cannot reproduce the HB directionality observed in the X-ray crystallographic structures. In this project, we examined whether stabilities of secondary structures are effected by combinations of protein and water force fields which are different with each other in the manner of the treatment of HB directionality.
We used glutamate dehydrogenase (GDH) as a test system. We have revealed that GDH undergoes large functional motions, which have strong correlations with changes of hydration structures, by using all-atom MD simulations with explicit water molecules. However, recent cryo-electron microscope (cryo EM) have also revealed that some secondary structures, which were unstable in our MD simulations, are stable in experimental solution condition. Therefore, in this study, we conducted several all-atom MD simulations, each of which used different combinations of protein and water force fields, and then compared the results of these MD simulations with those of cryo EM. The used protein force fields are CHARMM27, ff99SBildnnmr, ff14SB, ff15ipq and ff15FB. The used water force fields are TIP3P, TIP4P and TIP3PFB. The results have demonstrated that only the combination of ff15FB and TIP3PFB succeeded in reproducing the stability of secondary structures observed in cryo EM.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:27  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:27  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1291) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (462)
3位 新自由主義に抗す... (404)
4位 In-vivo kinemati... (315)
5位 石垣島の「エコツ... (280)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (958) 1st
2位 酢酸エステル類の... (599)
3位 文化資本概念の現... (533)
4位 興味が引き起こさ... (511)
5位 インフルエンサー... (479)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース