慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180161  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180161.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.9 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 160

Total downloads since Oct 24, 2022 : 160
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 天然糖脂質terpioside Bの全合成と構造活性相関研究  
カナ テンネン トウシシツ terpioside B ノ ゼンゴウセイ ト コウゾウ カッセイ ソウカン ケンキュウ  
ローマ字 Tennen tōshishitsu terpioside B no zengōsei to kōzō kassei sōkan kenkyū  
別タイトル
名前 Synthetic and structure-activity relationship studies on a natural glycolipid, terpioside B  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 大介  
カナ タカハシ, ダイスケ  
ローマ字 Takahashi, Daisuke  
所属 慶應義塾大学理工学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
天然糖脂質terpioside B(1)は、海綿Terpios sp. より単離・構造決定されたフコース含有スフィンゴ糖脂質である。1の構造的特徴として、天然に希少な2つの1,2-cis-α-L-フコフラノシド(α-Fucf)と、1,2-cis-α-D-ガラクトピラノシド(α-Galp)を含む五糖鎖がスフィンゴ脂質と結合している点が挙げられる。一方、1は、LPS刺激によるNO産生を顕著に抑制する興味深い生物活性を有しており、新たなNO産生阻害薬のシード化合物として大きく期待されている。そこで本研究では、1の初の全合成と構造活性相関研究、及びNO産生抑制機構の解明を目的としている。本研究の初年度である平成30年度は、1の全合成研究を行った。
まず、diethyl D-(−)-tartrate (2)を出発原料とし、脂質セグメントに相当する2-[(2R)-2-O-Bz-tetracosanoylamino]-3-O-Bn-4-O-PMB-17-methylphytosphingosine (3)を25工程で合成した。次に、3と、phenyl 2,3,4,6-tetra-O-Ac-1-thio-α-Glcpから10工程で合成した2-O-Bz-3,6-di-O-PMB-4-O-TBS-α-Glcp trichloroacetimidate (4) とのグリコシル化反応後、TBS基の脱保護により糖受容体5を合成した。次に、申請者らが開発したp-ニトロフェニルボロン酸触媒を用いた1,2-アンヒドロガラクトース6と1,6-アンヒドロ-β-ガラクトピラノシド (7)との位置及び1,2-cis-立体選択的グリコシル化反応を行うことで目的とする二糖鎖を位置及び立体選択的、かつ高収率で合成することに成功した。その後、6工程を経て、二糖供与体であるトリクロロアセトイミダート糖8を合成した。さらに、得られた8と5とのグリコシル化反応後、脱保護により、望む三糖鎖を有する糖脂質9までの合成を達成した。現在、糖脂質9に対するα-Fucfユニットの導入を検討中である。
Terpioside B (1), a natural glycolipid, was isolated from Terpios sp. 1 shows a potent inhibitory activity against LPS-induced NO release. Structurally, 1 has i) a unique pentasaccharide moiety; α-Fucf-(1,6)-α-Galp-(1,4)-[α-Fucf-(1,6)]-β-Galp-(1,4)-β-Glcp containing rare two 1,2-cis-α-Fucf units and 1,2-cis-α-Galp unit, and ii) a 17-methyl-C18-phytosphingosine moiety. Thus, this study was aimed to accomplish the first total synthesis of 1 and to reveal the structure-activity relationship of 1 regarding inhibitory activity against LPS-induced NO release. This year, we conducted synthetic studies toward the first total synthesis of 1.
Firstly, the synthesis of 2-[(2R)-2-O-Bz-tetracosanoylamino]-3-O-Bn-4-O-PMB-17-methylphytosphingosine (3) was completed from diethyl D-(−)-tartrate (2) in 25 steps. Next, the glycosylation of 3 with 2-O-Bz-3,6-di-O-PMB-4-O-TBS-α-Glcp trichloroacetimidate (4), which was prepared from phenyl 2,3,4,6-tetra-O-Ac-1-thio-α-Glcp in 10 steps, followed by deprotection of TBS group gave glycosyl acceptor 5 in high yield with complete stereoselectivity. On the other hand, the glycosylation of 1,2-anhydrogalactose 6 and 1,6-anhydro-β-Galp (7) using a catalytic amount of p-nitrophenyl boronic acid proceeded smoothly to provide the desired α(1,4) galactoside with high regio- and stereoselectivities in high yield. And then, the α(1,4) galactoside was converted into trichloroacetimidate donor 8 in 6 steps. Finally, the synthesis of glycolipid possessing a trisaccharide structure 9 has been accomplished by the glycosylation of 8 and 5, followed by deprotection reaction. Introduction of α-Fucf units to 9 toward total synthesis of terpioside B (1) is now under investigation.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:23  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (437) 1st
2位 新自由主義に抗す... (371)
3位 In-vivo kinemati... (303)
4位 石垣島の「エコツ... (292)
5位 Open-domain dial... (250)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (933) 1st
2位 酢酸エステル類の... (602)
3位 興味が引き起こさ... (499)
4位 インフルエンサー... (494)
5位 刑法における因果... (422)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース