慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180089  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180089.pdf
Type :application/pdf Download
Size :109.7 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 115

Total downloads since Oct 24, 2022 : 115
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル オホーツク文化集団の動物利用・動物儀礼に関する研究  
カナ オホーツク ブンカ シュウダン ノ ドウブツ リヨウ・ドウブツ ギレイ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Ohōtsuku bunka shūdan no dōbutsu riyō dōbutsu girei ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Studies of the animal utilisation and animal rituals by the Okhotsk people  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 孝雄  
カナ サトウ, タカオ  
ローマ字 Sato, Takao  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本年度の研究成果は以下3点に纏められる。

1. 礼文島浜中2遺跡で実施された国際共同発掘調査に参加。オホーツク文化集団の生業活動に関して新たな知見を得るとともに、ショート・レクチャーも開催、その内容を国外から参加している院生・学生に講じた。

2. オホーツク文化集団の動物儀礼がアイヌのクマ送り儀礼に与えた影響について、これまでに得られた知見も記す英文論稿を執筆、Springer VS社刊行の書籍 Animals and their relation to Gods, Humans and Things in the Ancient Worldに寄稿した。

3. 1995年、1998年、2008年にウトロ神社山洞窟から出土したオホーツク文化期・続縄文文化期の遺構・遺物について報告書を刊行する準備を進めた。斜里町立知床博物館の学芸員との協議の結果、同報告書の出版計画も具体的に申し合わせるに至った。
The results of my research for this financial year are summarized as follows:

1. Through the international joint excavation of the Hamanaka 2 site located in Rebun Island, I acquired new knowledge about the subsistence of the Okhotsk people and gave a short lecture to foreign graduate and undergraduate students on that topic.

2. I contributed a paper on the influence of animal rituals of the Okhotsk people on the formation of the Ainu Bear-sending Ceremony to the following book:
Mattila R, Ito, S. and Flink S. (eds.) Animals and their relation to Gods, Humans and Things in the Ancient World. (Wiesbaden: Springer VS., 2019)

3. I completed preparations for writing a report about the archaeological remains excavated from the Utoro Jinjya-yama Cave in 1995, 1998 and 2008 of the Okhotsuku and Epi-Jomon periods. As a result of the discussion with curators of the Shiretoko Museum, I could also draw up a concrete publishing plan.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:41  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:41  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1631) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (745)
3位 Bidet toilet use... (533)
4位 731部隊と細菌戦 ... (485)
5位 新自由主義に抗す... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1065) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 興味が引き起こさ... (437)
4位 石垣島の「エコツ... (435)
5位 酢酸エステル類の... (418)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース