慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000003-20170370  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000003-20170370.pdf
Type :application/pdf Download
Size :129.6 KB
Last updated :Feb 22, 2019
Downloads : 358

Total downloads since Feb 22, 2019 : 358
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル iPS細胞由来心筋細胞におけるスタックプレートの固有振動を用いた細胞剥離・回収法  
カナ iPS サイボウ ユライ シンキン サイボウ ニ オケル スタック プレート ノ コユウ シンドウ オ モチイタ サイボウ ハクリ・カイシュウホウ  
ローマ字 iPS saibō yurai shinkin saibō ni okeru sutakku purēto no koyū shindō o mochiita saibō hakuri kaishūhō  
別タイトル
名前 Cell detachment and collection from a stacked cultivation plate  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 竹村, 研治郎  
カナ タケムラ, ケンジロウ  
ローマ字 Takemura, Kenjiro  
所属 慶應義塾大学理工学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年, ヒトiPS細胞が樹立され, すでに世界初の臨床適用も実施されたが, ヒトiPS細胞および分化細胞の最適な増殖培養の方法論は未だ確立されたとは言えない。特に, 治療に十分な細胞数を効率的に培養する手法は開発途上であり, 喫緊の課題である。本研究ではスタックプレートを用いた細胞の大量培養において, 細胞の剥離・回収を自動化することを目的とした。
細胞の大量培養を可能とするスタックプレートを用いた大規模な細胞培養において, 特に, 細胞の剥離・回収の過程が難しい。すなわち, トリプシンを添加したスタックプレートを十分に振揺する必要があり, 人為的な回収が困難である。このため, スタックプレートの固有振動を利用して細胞を剥離可能な振揺装置を開発し, 細胞の剥離を達成した。具体的には, (1)スタックプレートの振揺に適した加振装置を製作し, (2)プレートに接着した細胞をトリプシンに浸漬し, プレートの固有振動を励振して剥離するとともに。(3)回収した細胞の増殖性や分化状態を評価した。
2年計画で実施している本研究は, H28年度に5段スタックプレート各段に面外振動モードを励振し, 各段に接着したマウス由来筋芽細胞(C2C12)を98%以上剥離できる加振条件を明らかにした。この剥離率は培養技術者による手作業に比べて有意に高い。2年目にあたるH29年度は, 主に幹細胞の一種であるヒト間葉系幹細胞(hMSC)を用いてスタックプレートからの細胞剥離を行った。この結果, 従来の培養技術者による手作業では48%の剥離率に留まっていた条件でも, スタックプレートの固有振動を適切に励振することによって94%のhMSCを剥離できることを明らかにした。また, hMSCのその後の増殖性や未分化状態に影響がないことを実験的に明らかにし, 幹細胞への適用の可能性を示した。
Human iPS cells have been established and the world's first clinical application has already been carried out. However, the methodology for optimal growth culture of human iPS cells has not been established yet. Especially, a method for efficiently culturing a sufficient number of cells is under development and it is an urgent task. In this study, we aimed to automate cell detachment in large scale cultivation of cells using stacked plate.
In a large-scale cell culture using a stacked plate that enables mass culture of cells, in particular, the process of cell detachment and collection is difficult. That is, it is necessary to sufficiently shake the stacked plate with trypsin added. For this, we have developed a shaking device capable of detaching cells by utilizing the resonant vibration of the stacked plate, and achieve cell detachment. Specifically, (1) a vibration device suitable for shaking the stacked plate was developed, and (2) the cells adhered to the plate were immersed in trypsin, and the resonance vibration of the plate was excited. (3) The proliferation and differentiation status of the collected cells were evaluated.
This study is carried out as the 2-year project. In 2016, the out-of-plane vibration mode at each layer of the 5-layer stacked plate was excited and removed 98% or more of mouse myoblasts (C2C12) adhered to each layer. This cell detaching rate is significantly higher than manual work by cell culture technicians. In 2017, the second year, cell detachment from the stacked plate was carried out using human mesenchymal stem cells (hMSC), which is one type of stem cell. As a result, it was revealed that 94% of hMSC can be detached by appropriately exciting the resonant vibration of the stacked plate even under the condition that the detaching rate was only 48% by manual work by the cell culture technician. In addition, it was experimentally clarified that there is no influence on the proliferative and undifferentiated state of hMSC and showed the possibility of application to stem cells culture.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 22, 2019 13:44:41  
作成日
Feb 21, 2019 16:15:10  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Feb 22, 2019    上位タイトル 名前,抄録 内容,著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1600) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (690)
3位 Bidet toilet use... (508)
4位 731部隊と細菌戦 ... (501)
5位 新自由主義に抗す... (382)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (983) 1st
2位 インフルエンサー... (494)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 酢酸エステル類の... (403)
5位 興味が引き起こさ... (395)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース