慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
2017000002-20170322  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
2017000002-20170322.pdf
Type :application/pdf Download
Size :377.1 KB
Last updated :Jul 26, 2019
Downloads : 172

Total downloads since Jul 26, 2019 : 172
 
Release Date
 
Title
Title 多様な学生に対応する情報教育教材  
Kana タヨウナ ガクセイ ニ タイオウスル ジョウホウ キョウイク キョウザイ  
Romanization Tayōna gakusei ni taiōsuru jōhō kyōiku kyōzai  
Other Title
Title Developing programming course materials and systems for students with diverse background  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 萩野, 達也  
Kana ハギノ, タツヤ  
Romanization Hagino, Tatsuya  
Affiliation 慶應義塾大学環境情報学部教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team head  
Link  
Edition
 
Place
 
Publisher
Name 慶應義塾大学  
Kana ケイオウ ギジュク ダイガク  
Romanization Keiō gijuku daigaku  
Date
Issued (from:yyyy) 2018  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
1 pdf  
Source Title
Name 学事振興資金研究成果実績報告書  
Name (Translated)  
Volume  
Issue  
Year 2017  
Month  
Start page  
End page  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
授業でプログラミング演習を行う場合, わからない箇所を積極的に質問してくれればよいが, 質問しないまま授業が終了してしまう学生も多い。そこで, 理解度の低い学生を見つけ出し, 授業時間中に助言することで, 授業についてこれない学生を減らすことを目的としてオンラインIDEと教員支援システムを開発した。
学生はウェブブラウザでオンラインIDEにログインし, HTML, CSS, JavaScriptファイルの作成を行う。オンラインIDEは, 学生が作ったプログラムの構文解析と自動生成されたテストケースによる動作テストを行ない, シンタックスエラーの有無, テスト結果, 実行回数, 所要時間などのデータを収集する。教員支援システムは, 収集されたデータを元に, 学生がどのような状況であるかの分類を行う。分類結果は, 一覧表や座席表の形で教員に提供され, 教員はそれによって必要と思われる学生に対して助言を行う。
開発したオンラインIDEと教員支援システムを使用し, JavaScriptのプログラミングを学ぶ科目(教員1名, TA3名, 学生38名)において4回の授業を行った。この授業を担当した教員・TAへのヒアリングでは, 次のような意見が得られた。
- システムの使いやすさに関しては悪くない。
- 提示する項目やデザインを改善する必要がある。
- IDEの便利さに関しては概ね好評であるが, 不要なエラーメッセージで学生が混乱する場合がある。
- 困っている学生の提示に関しては賛否両論であり, 検知精度を上げるための改善が必要である。
まだ改善すべき点が多くあるが, 可能な限り改善を行って, 次年度にはより多くのクラスで実験を行うことを計画している。
In a programming exercise class, some students positively ask questions, while some do not even if they cannot complete the assignments. Therefore, we have created an online IDE and a teacher support system in order to let teachers give advice to students with low level of understanding.
Students login to the online IDE via web browsers and write HTML, CSS and JavaScript files. The online IDE parses students' programs and tests them against automatically generated test cases. It collects data such as existence of syntax errors, test results, number of executions and elapsed time. The teacher support system classifies states of students depending on the collected data. It provides the classification to teachers in the form of lists or seating charts, and teachers can give advice to students who may need help.
We have conducted 4 experimental lessons in a JavaScript programming course (where there are 1 teacher, 3 teaching assistants and 38 students) using the developed system. The teacher and teaching assistants gave us the following feedbacks :
- It is not so bad as to the ease of use.
- Items to be displayed and their design need to be improved.
- Most of students had favorable impression to the online IDE, but some of them got confused with unnecessary error messages.
- Opinions about the classification of students who may need help are divided. The detection accuracy need to be improved.
We found many points to be improved. In the next year, we have a plan to improve as much as possible and conduct an experiment in more classes.
 
Table of contents

 
Keyword
 
NDC
 
Note

 
Language
日本語  

英語  
Type of resource
text  
Genre
Research Paper  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
Jul 26, 2019 14:10:19  
Creation date
Feb 21, 2019 16:13:18  
Registerd by
mediacenter
 
History
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Feb 22, 2019    上位タイトル 名前,抄録 内容,著者 を変更
Jul 26, 2019    著者 を変更
 
Index
/ Public / Internal Research Fund / Keio Gijuku Academic Development Funds Report / Academic year 2017
 
Related to