慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170301  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170301.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.3 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 288

Total downloads since Feb 21, 2019 : 288
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 筋萎縮性側索硬化症(ALS)病態誘導人工遺伝子によるALS病態再現  
カナ キン イシュクセイ ソクサク コウカショウ (ALS) ビョウタイ ユウドウ ジンコウ イデンシ ニ ヨル ALS ビョウタイ サイゲン  
ローマ字 Kin ishukusei sokusaku kōkashō (ALS) byōtai yūdō jinkō idenshi ni yoru ALS byōtai saigen  
別タイトル
名前 De novo design of cytoplasmic RNA-binding protein with prion-like domain related to ALS/FTD proteinopathies.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 伊東, 大介  
カナ イトウ, ダイスケ  
ローマ字 Ito, Daisuke  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年, 筋萎縮性側索硬化症(ALS)/前頭側頭型認知症(FTD)の原因遺伝子が次々と同定されている。これまで同定されたALS/FTDを引き起こす原因遺伝子6つTDP-43, FUS, TAF15, ESWR1, hnRNPA1, hnRNPA2, TIA1は, 生化学的, 細胞生物学的に共通性が見られる。すなわち1)RNA recognizing motif (RRM)を持つRNA結合蛋白である。2)prion-like domain (PrLD)を持ち凝集性が高い。このPrLDはアミノ酸配列において2つの特徴がありglycine/serine-tyrosine glycine/serine (G/S-Y-G/S)の繰り返し配列があり, さらにglutamineとasparagine-(Q/N)に富む。3)ストレス顆粒の構成分子である。4)患者死後脳で細胞質への局在異常を起こし封入体を形成する。これらの特徴は, ALS/FTDの分子病態を理解するにあたり極めて重要と考えられる。我々は, ALS原因RNA結合蛋白における4つの共通性を持つALS病態誘導人工cDNAを合成し, 発現ベクターにサブクローニングした。cDNA作成に当たり以下の条件によりアミノ酸配列を設計した。1)G/S-Y-G/Sの67リピートをコードするcDNA(SYG-NES-GFP)を塩基の繰り返し配列を極力避けた。また, G/S-Y-G/Sのリピートに加えもう一つの特徴であるglutamine (Q)に富むcDNA(SYGQ-NES-GFP)(50リピート)も合成した。2)RNA結合部位は, 特異的なRNA結合を極力減らすため, オレンジ由来RNA recognition motifをもちいた。3)Nuclear exit signalを配置し, 細胞質への局在を誘導した。本人工遺伝子を培養細胞に導入してその細胞学的特徴を解析し以下の研究結果を得た。1)ALS病態誘導人工遺伝子は細胞質封入体を形成。2)ストレス顆粒の構成分子となる。3)人工遺伝子による神経系細胞Neuro2a細胞の突起伸展作用の抑制と細胞死誘導。4)ALS病態誘導人工遺伝子の凝集性。以上より, 人工遺伝子を培養細胞に導入することによって, 細胞質に封入体形成, ストレス顆粒への移行, 細胞毒性, 凝集を備えておりALS関連分子の生化学的, 細胞学的特性を再現できたと考えられる。今後は, ALS病態誘導人工遺伝子モデル動物の確立を目指す。
Aberrant RNA-binding proteins form the core of the neurodegeneration cascade in spectrums of disease, such as amyotrophic lateral sclerosis (ALS)/frontotemporal dementia (FTD). Six ALS-related molecules, TDP-43, FUS, TAF15, EWSR1, heterogeneous nuclear (hn)RNPA1, and hnRNPA2, are RNA-binding proteins containing candidate mutations identified in ALS patients and that share several common features, including harboring an aggregation-prone prion-like domain (PrLD) containing a glycine/serine-tyrosine-glycine/serine (G/S-Y-G/S)-motif-enriched low-complexity sequence and rich in glutamine and/or asparagine. Additinally, these six molecules are components of RNA granules involved in RNA quality control and become mislocated from the nucleus to form cytoplasmic inclusion bodies (IBs) in the ALS/FTD-affected brain. To reveal the essential mechanisms involved in ALS/FTD-related cytotoxicity associated with RNA-binding proteins containing PrLDs, we designed artificial RNA-binding proteins harboring G/S-Y-G/S-motif repeats with and without enriched glutamine residues and nuclear-import/export-signal sequences and examined their cytotoxicity in vitro. These proteins recapitulated features of ALS-linked molecules, including insoluble aggregation, formation of cytoplasmic IBs and components of RNA granules, and cytotoxicity instigation. These findings indicated that these artificial RNA-binding proteins mimicked features of ALS-linked molecules and allowed the study of mechanisms associated with gain of toxic functions related to ALS/FTD pathogenesis. Our results offered insight into RNA dysregulation mediated by aggregated RNA-binding proteins and will potentially aid the development new strategies for the treatment of ALS/FTD proteinopathies.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 16:11:38  
作成日
Feb 21, 2019 16:11:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース